2019年03月09日

HANABIは最高のエンターテイメント


花火屋の任務とは?

簡単に言えば
花火を作ったり(9月から6月)※研究開発
花火演出を構成したり(適時)
機材をトラックに積み込んだり(数日前)
現場で設営作業をしたり(当日)
花火を打ち上げたり(当日)
機材を撤収したり清掃したり(深夜)
その打ち上げた筒を洗ったり(翌日)
そしてまた
機材をトラックに積み込んだり(数日前)
現場で設営作業をしたり(当日)
花火を打ち上げたり(当日)
機材を撤収したり清掃したり(深夜)
その打ち上げた筒を洗ったり(翌日)
である。

よく言われます。
『体力勝負の仕事ですね』と。。。
でも実際は
“精神力”が重要な仕事なのです。

常に付きまとう危険を少しでも排除しながら
灼熱の炎天下でも黙々と作業を進めていく
見た目はよくない、汚れた格好である。。。
少しでも精神力を保つ為にどこでもすぐ寝れる。。。
とてもキツイ仕事だと思います。


そんな日本の花火屋



我々はみんなを笑顔にするのが任務なのです。
悲しいこと、辛いこと、悩み、腹立たしい事、、いろんな事があると思います。
そんな時、
花火を見てほしいのです。
悲しいこと、辛いこと、悩み、腹立たしい事、、、がちっぽけな事になるかもしれません。
そして、会場のお客さんの笑顔を見てください。
花火屋がみなさんの笑顔を取り戻しているのです。
クソ汚れた花火屋が何千人何万人何十万人を笑顔をしているのです。
我々は一番身近なアーチストかもしれません。


夜空を、そして未来を見ましょう。


HANABIは最強のエンターテイメントだと思います。







posted by Z隊長 at 09:52| 大分 ☀| Comment(0) | 現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月03日

花火大会中止な記事について。。。


現代は情報化社会でありいつでもどこでもだれにでも様々な情報(ニュースリリース)が入ってくる。
我々花火界のネット民として色んな情報を探したり、提供していただいている。
ありがとうございます。


最近気になるニュースが、、、
昨年の秋頃にメジャー級花火大会の中止のニュースが立て続けに流れてきた。。。
このニュースといわれる情報の恐ろしいところは
『それが世間の流れ、今後このような事例が増えていく』と思わせるような印象を与えてしまう事だ。
現にクライアントさんが『うちもいつまで花火大会を続けられるかわからない』との言葉も簡単に発せられるのです。


さて、花火大会は日本国内で6.500会場以上あるようです。
そんな多くの花火大会が何らかの理由で中止になる事も別におかしくはないでしょう。。。
どんな中止の理由が考えられるか?※私的考察
1,安全対策の負担増
花火大会には多くのお客さんが集まります、そのお客さんの安全を確保する為の警備や警戒費用
マナーのよろしくないお客さんがトラブルを起こすと監督機関から指導を受け、費用が増えていきます。
2,環境の変化
花火大会を開催するには筒場や観客席を設けなければなりません。
各都道府県が定める安全指導基準の保安距離に基づいてレイアウトします。
花火大会の周辺に家や道路ができると、、、打ち上げ玉の縮小や開催不可につながります。
近年はソーラーパネルが建設され新たな対応が求められています。。。。
 
大分県保安距離.png

3,運営のマンパワー不足
 世の中の人口体系が変化しているのと同じように運営側(主催者)の組織もそのようになっていると聞きました。
 特に青年部と呼ばれる機動力旺盛で若くイキイキした年代が少なくなりつつあるようです。。。
4,花火大会が無駄な事業と勘違いされている。
 まぁ、多くの方が花火大会は無駄使いだと勘違いしてますね。
 中には一晩で何億円も花火に金を使いやがって、、、と。
 はい、花火大会における経済効果は莫大なのです。これを超える事業があれば教えてほしいですが。。。
 『花火大会は無駄』と仰る方とお会いしてその根拠をお聞きしたいのです。。。
5,資金難
 花火大会はスポンサー様の協力により執り行われるケースが多いです。
 夏、スポンサー様は各イベントから協賛依頼を受けているようです。お察しいたします。。。
 そして個人からの協賛、募金、、、減っているようです。。。
 CF(クラウドファンディング)に頼らなければならない現状もあります。。。
6,夏は暑いから
 そのまま夏は暑いからwww
7,その他

ちょっと考えただけでもこれだけの要因があります。

このように、様々な理由で中止になる花火大会はありますが
その裏ではリニューアルする花火大会もどんどん増えてきています。
近年では夏から他の季節へ移行することで大成功している花火大会がたくさんあるようです。
もしかしたら、花火大会の季節を変える事が多くの方の負担を減らすのかもしれません



そうなのです、もはや簡単には花火大会を中止にはできないのです。。。
なぜか?簡単な理由です。


それは地域住民が楽しみにしている行事だから。
たかが花火でも、みんなが集いみんなが笑顔になれる素晴らしいイベントだから。
花火は日本人の歴史ある伝統文化であり、日本の身近な芸術作品であるから。
そして、花火は生きる活力になるから。


これほどわかりやすいイベントを中止してはならないのです。
その為には皆様の花火に対するご理解と協力が不可欠なのです。




DSC_3505.JPG
posted by Z隊長 at 14:25| 大分 ☔| Comment(0) | 現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月25日

花火屋はartist


アーチスト(アーティスト)=芸術家。特に美術家や演奏家・歌手をいう。
まぁ何がそのアーチストなのかは決まり事はないようだ。


我々は花火の世界で生活しそれで飯をいただいている。。。


一昔前は、戦国時代とも椰喩される状況があった。
つまり、花火大会の受注は入札(見積)による競争であった。
安く見積もることで花火大会を受注できる、、、今考えれば非常に簡単な受注である。
しかし私はこの入札見積の依頼者に対して
『花火を金額で比べんでくれ、安いのがよけりゃそこに注文すればええやん』
『花火って値段で比較するもんやないで』
と申し上げてきました。


その理由は
我々の扱う花火は全てオリジナルであり、他の花火とは違うから比較は756パーセント不可能である。
価格低下は、品質や安全性の急低下であり従事者のモチベーションの急降下になるからある。
花火を安く出してたくさん打ち揚げてもいい花火大会になりそうにないから。(ほぼならない)
※まぁ私がこんな事言っても説得力ありませんがねwww


つまり
近年の花火はかなりの手間や時間や機材を投資しており見積書などの数字では表せないのである。
そして
日本の花火技術は世界中から注目されています、この技術や後継者を守るためにも安易な入札競争は無くなさなければなりません。

我々の花火は芸術品なので価格なんて存在しないのかもしれません。
我々は演出家であります、芸術品をいかに安全で美しく魅せるかの技術なのです。


甲乙の信頼関係こそ花火大会のクォリティーアップにつながるものと確信しております。

お客さんへ、様々な情報で公表される“いわゆる打ち上げ数量”に惑わされる事なくいい花火大会に出会ってほしい。
安心してください、花火大会の美しさ等は“いわゆる打ち上げ数量”とはあまり関係ないのです。





花火屋は、見た目は汚れてますが、、、artistなのです。
DSC_0249.jpg


posted by Z隊長 at 20:29| 大分 ☁| Comment(0) | 現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする