2017年07月02日

季節を演出する。

【サークル花火万華鏡 1999,10,12発行】より引用
私たちは花火師と呼ばれています。
常に付きまとう事故という言葉に怯えながら、
夏の茹だるような暑さの中、
睡眠不足のポテンシャルの下がった頭に活を入れて、
上手くいって当たり前のプレッシャーに潰されそうになりながら、作業を進めていく。。。


tkmsyaku.jpg





さあ、今年も夏の陣がやってきます。
我々は10ヶ月前からこの夏の準備をしてきました。
でも正直、不安です。天気の事、体力の事。。。。いろいろありますが。
沖縄から夏がやってきています。。。


さて、我々は早朝から現場に入り炎天夏での作業を進め、
そして会場にお客さんがやってくる頃に準備完了となる。
そして、数日間掛けて準備してきた花火を打ち揚げるのです。
花火を打ち揚げた後は夜中まで撤収をしています。
たぶん、皆さんが想像する花火の作業ってみなさんの目に触れない作業が99パーセントくらい締めるんじゃないかな?
つまり、皆さんが見ている花火の裏には100倍の作業が隠れているのかもしれません。
我々は淡々と作業を進め、作業をを完了する事を第一義として任務遂行しております。

そんな花火従事者の疲れを吹き飛ばすのは
皆さんの

拍手と歓声です。


日本各地の花火屋に、大きな拍手と歓声を浴びせてやってください。
それが、我々のエネルギーになっていくのです。
よろしくお願い申し上げます。


今年も皆さんの思い出となる夏を創っていきます。





posted by Z隊長 at 10:54| 大分 ☁| Comment(0) | 現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月13日

花火大会情報


今時期になると各メディアが堰を切ったように
夏の花火情報をリリースします。

ネットでは昨年の情報がそのまま放置され混乱してしまう事もあります。
また不確定情報も流れる場合もあるようです。。。
情報収集は慎重に精査しましょう。

そして情報の記事を書く方が、花火の知識が無いような文章はたくさん見受けられます(笑)
あっ、別に怒ってませんよ、逆に『こんなとらわれ方するんや。。。』って、参考になります。

このような情報が溢れる社会なので、是非、花火や花火師の事も知っていただきたいと思います。


さて、我々は花火のプロフェッショナルです。

こんな我々を支えてくれるのは、
花火大会主催者様、スポンサー様、行政機関様、、、、お客さん。
そして、花火愛好家の皆様です。

この花火愛好家の方には、写真属性の方が多いようです。
(記録に残す派=一眼レフで。記憶に残す派=肉眼レフで。)

花火とは一瞬です、ほんの数秒の現象を記録に残す方がいます。。。
その方々の本を紹介します。

冴木一馬 写真集「HANABI」(花火)[光村推古書院]
6月末には書店に並びます。価格は2,400円プラス税
HP ⇒ http://www.saekikazuma.com/
※ハナビスト冴木先生とはあちこちでお会いします。
saekikazuma2017.jpg


金武武 初のビジュアルブック「眺望絶佳の打ち上げ花火」
6/30玄光社より発売予定です。
ブログ ⇒ https://blogs.yahoo.co.jp/fire5220jp
※金武先生夫婦とは面識があります。数年前大分県別府市で対談しました。
kanetaketakesi2017.jpg


8人の花火写真家が織りなすコラボレーション作品集 LUCE
6月19日より発売  Amazonで検索
※まぁ、説明不要!笑
LUCE2017o-zi.jpg


6月16日追記
花火マニア必見  花火時代summer edition
※販売ルートは全力で調査中!
画像提供 やんさん
hanabizidaisummer2017.jpg




さあ、花火夏場所開幕前に花火の事をちょっとだけでも知ってみたいと思いませんか?
花火を知れば花火大会はもっとおもしろくなる!
※赤い花火の事を『紅(べに)』って言いなさい。これだけで花火通(?)

最後に、花火大会情報は自分でしっかり調べましょう。







posted by Z隊長 at 22:38| 大分 | Comment(0) | 現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月30日

お台場サプライズ その2 #MGMY


前号までのあらすじ

そもそも、私と秋田県大仙(大曲)のMGMYさんはいずれどこかで対面せねばならなかった。
そこで、私のお台場行きで関東の花火愛好家の方がMGMY奥様に話して、、、
水面下で計画は推移していた。

で、様々なトラップを回避し、


無事にお会いできたのでした。



その後、5人で会場に歩いていたら、東京のTけさんが居まして、、
その横で福岡県北九州の黄色の人が笑ってました。
えっ、なんでここにおるん?ってサプライズもありましたw



その頃、海の上では東京丸玉屋小勝煙火店のプロフェッショナルチームは打ち上げ船のフォーメーションを組んでいたのでした。
odai senn.png


そして、お台場の景色
DSC_2437.JPG


夕暮れのレインボーブリッジ
DSC_2448.JPG


そして、大都会の夜景をバックに老舗煙火店の伝統の技が。
mirukusukaituri-.jpg

撮影 milk777さん


未来型花火エンターテイメント STAR ISLAND
a.suta-airanndo0527乙幡 - コピー.jpg

撮影 乙幡 国広さん






花火は終わり、食事へ
DSC_2471.JPG


私たちがお酒を飲んでるときに花火屋さんは、台船で曳航されレインボーブリッジをくぐっていたようです。
reinnbo-daisennAkyokutyou.jpg



花火屋さんて、人目に付かない所で早朝から作業し、誰も見ていない夜中に撤収作業してるんですね。
そんな花火屋さんのおかげで、私たちは楽しいひと時を過ごせました。
そして、花火って人と人をつなぐ大切なイベントだなと感じました。
花火屋ってすげーなー!かっこいいなー!って思いました。
花火屋さんに感謝。
ありがとう、丸玉屋小勝煙火店のみなさま!

そして、花火屋さんに感謝しながら白いカレーうどんも食べたのでした。
1496136742348.jpg










posted by Z隊長 at 20:21| 大分 | Comment(0) | 現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする