2016年11月20日

閑散期


えっと、閑散期なので更新が滞ってました。


でも

でも

でも


Face bookページを開設しました〜!
※画像クリック
facebook ikushimaennka.png



ホームページ リニューアルしました〜!
※画像クリック
HP ikushima.png




大分県は夏以外の花火が非常に少ないのですが、、、


スキー場花火の準備を始めました〜!
※画像クリック
whitecr.jpg


べっぷクリスマスHanabiファンタジア2DAYSの準備始めました〜!
※画像クリック
別府CHF2016.jpg







あと、某所ロングラン冬花火の計画も進行中です!



では、またーーー



posted by Z隊長 at 15:51| 大分 ☀| Comment(0) | 現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月23日

『打上数○○○○発!』

花火の数量について



花火大会の規模を示す単位に『打上数○○○○発!』な表現があります。

この数字は多ければ多いほどいい花火大会?なような錯覚を起こします。
そうでもないし、近年は逆のケースが目立ってきています。

現在は情報化社会になりまして日本中の花火大会の情報がインターネットで調べる事ができます。その情報の多さが数量競争のトリガーとなっているように感じます。





クライアントさんが、この打上数の数字に拘ればあまりいい花火にはならない可能性が高くなります。



なぜか?



同予算で、まともな花火業者が提案する、数量が多い案と数量が少ない案では多分数量が少ない案のほうがいい玉が上がる可能性は非常に高くなります。

打上数量の多さにこだわればそれだけ打ち上げる花火のサイズダウンになる事は必然的です。
※サイズダウンだけならいいのですが、安全性もダウンしてくるのでは?

実際に同予算で昨年までの数量を半分にして演出を変え良質の花火を打ち上げたら非常に高い評価をいただくケースが増えています。
逆に同予算で数量を増やした場合(サイズダウン)には評価が良い例はまれのようでした。

そして、過度の非常識的見積もり合戦は日本の花火文化や花火師の技術を衰退させていくことでしょう。



つまり、いい花火大会を行うには、常識的な価格で適切な数量が基本になり、その花火をどのように魅せるか?が重要なポイントになります。



我々は、技術と安全性を日本銀行券≠ニ交換しているのです。



数量の多さを求めれば、安全性や美しさは反比例してしまうのかもしれません。。。





例えばこの動画は
4号50玉
3,5号60玉
3号60玉
2,5号30玉
トラ50個
合計250発です。


同じ予算で弊社は3倍の数量700発以上の花火を打ちあげることもできます。


ある花火愛好家の方の言葉をおかりしますと
10円玉700枚と100円玉250枚、あなたはどちらが欲しいですか?
あなたにとってどちらに価値がありますか?


posted by Z隊長 at 15:39| 大分 ☀| Comment(0) | 現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月19日

花火屋の仕事の先


我々は花火師と呼ばれます。

花火師の仕事は
花火を作ったり、花火を打ち上げたりします。

近年は演出家(プロデューサー)としてのウエイトが高くなっています。
そう、花火をいかに効率よく無駄なく魅せるか!です。

花火屋の仕事は地域経済を活性化させ莫大な経済効果を生みます。
これについて、頭のいい役人さんや行政マンは気づいていると思います。
大物タレントや大物アーティスト、そしてスポーツイベントよりも
幅広く多くの集客が見込めるのです。


さて、最近気が付いたのですが、花火屋の仕事ってそれ以外に
『人と人を結び付けている。』と。
今回の九州ツアーでも多くの交流があったようです。
花火を見てくれている人それぞれに思い出になればいいなぁと思いました。


花火って潔く数秒で消えますが、思い出は永遠ですね。

撮影:菅野斗施雄氏
toshiokannno huzisawanisyaku.JPG

※画像の無断使用は禁止


追伸、花火愛好家の皆さん、今回ツイッターやFBでたくさんの九州の美味しいものをアップしてくれてありがとう。

12月は大分県別府の出番ですよ!
べっぷクリスマスHanabiファンタジア!




posted by Z隊長 at 20:30| 大分 ☀| Comment(0) | 現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする