2018年11月29日

花火大会の連携


日本には花火大会(許認可)が6,500件ほどあるようだ。
無許可花火(いわゆる75発以下や仕掛けのみ)を含めると、、、それ以上
その多くは夏の暑い時期に集中する。
たぶん日本国内で毎週1,000箇所で花火大会が開催されていると推測します。
大分県でも夏の週末は5〜10件が同時に開催されます。。。

私はクライアント様と接する機会が多く、よくこの事について話します。
私『大分県の花火大会の件数はご存知ですか?』
クライアント『え〜別府と、大分と、あと日田、、、あと、、犬飼か。5〜6箇所くらいかえ?』
私『50箇所くらい、いやそれ以上あります』
するとクライアントさんはとても驚いて『そげーあるんかえ?ほんとかえ?』



そうなのです、花火大会は短期間に集中して開催するので情報が埋もれているのです。
宣伝広告の大きさ(写真や数量)で隠れてしまっているのです。
さらにお客さんはこんなにたくさんの花火大会があるのに、その日に行く場所は1つの花火大会しか選べないのです。


これをちょっとグローバル的に対策を考えてみる。


A花火大会とB花火大会が連携調整して連日で開催する案
連日花火を見れるのです。
※花火大会で使う玉や演出は全く違うので両日違う花火を楽しめます。
これがA県とB県でも観光ルートをつくり、昼の観光客として誘致できます。
さらに秋や冬や春の“花火空白期間”であれば夏よりも集客の期待ができます。

過去にありましたね、秋の九州横断花火ツアー(馬刺し〜地鶏堪能の旅)
あれで日本各地からのお客さんに九州へ来てもらうことができました。

特に近年は連休が夏より秋や春のほうが充実しています。
この連休を大いに利用し、花火と観光と食をタイアップする事が地域の観光資源となりうるのです。

つい最近長野県〜三重県の花火連戦ツアーコースがあり、全国からの民族大移動が起こりました。
その花火大会開催地の観光地やおいしい食べ物等が日本中に配信されましたね。
この花火愛好家の皆さんの画像アップロードが地域宣伝になってくるのです!


Being caught by a cow, I am coming to Zenkoji
tiisukezennkouzi.jpg


その手は桑名の焼き蛤(焼いてません)
kuwanahamaguritiisuke.jpg

撮影:ちぃ介@PHOTO


花火大会をバッティングさせずに調整し、観光客の動きやすい季節に開催する事も今後の花火大会の継続の為の付加価値として考えなければならないと思った、その為には情報収集が重要だと思った晩秋の夜であった。



















posted by Z隊長 at 21:24| 大分 | Comment(0) | 現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月20日

花火大会の未来予想図

まず、一言、この記事は個人的な記事であり将来起こりうる事を述べているのではない。
つーか誰も将来の事はわからないって事を理解して読んでほしい

つまり、『突っ込み厳禁、このようにならなくても責任は負いませんよwww』って事。


1 花火の準備作業はさらに複雑化する
花火の玉のクォリティーや打ち上げ技術は日々進歩しています。
星の発色や変化、そして多重芯や多方向菊等、手間の掛かる玉が増えてきました、このような玉を作る工程はかなり時間が掛かるのです。平割の数倍から10倍?それ以上の時間が掛かるでしょう。
そして、打ち上げ技術もデジタル化、安全性を重視すると資材の物量は増え、今までよりコストが掛かっています。
近年ではスピーディーな演出が好まれるようで1秒/100の世界をコントロールしています。
花火とは技術が進むと作業は簡素化できない仕事になります。a
花火の製造や打ち上げ現場の作業量は増えていくでしょう。



2数量表記の必要性がなくなる。
花火の情報で『○○○発』と表記しますが、、、
花火大会を比較するとしても数量での比較は100パーセント不可能だし、
この数量は花火大会の規模を表す数字では無いし、あまり必要ない情報になるでしょう。
競争入札による価格競争が機能しなくなるでしょう。



3花火業者のブランド化
我々は花火を作っている製造業者です、オリジナルの色や形、そしてオリジナルの打ち上げ技術ができます。
各社オリジナルな花火を作っているだろうからそれぞれがブランドです。
また、製造業者でなくとも、各製造業者からそのブランド花火を仕入れるルートを持っている業者さんも居ます、そのような業者さんもブランド花火を仕入れてオリジナル演出が可能でありその演出も技術と品質のブランドであろう。
今後は日本の繊細な花火技術がさらに見直されて花火業者の名前が表に出るでしょう。


4花火大会の有料化
花火大会って誰かが資金を出してくれています、多くの花火大会はそのライブを無料で見る事ができます。
その資金調達が難しくなる場合があります、また近年は警備や清掃費や安全対策に費用がかかってきました。
ある花火大会では花火代より警備費用が多いケースもあります。すべて誰かが払ってくれています。
考えてください、映画は?スポーツ観戦は?美術館は?アーティストライブは?お金を支払って楽しみますね。
では花火は?????
もしお客様1人から500円づついただけるなら、、、5万人で2,500万円の花火になるのです。
今後は、有料化が進んでくるでしょう、その為には我々が付加価値をつけなければならないことは考えています。



5花火の季節が変わる
花火大会と言えば夏ですか?なぜですか?
近年の危険な高温、暑くてお客さんが集まらない、突然の豪雨や急劇な増水、イベント会場での熱中症、と、様々なリスクが目立ってきました。
夏は野外イベントには向かない季節になってきたのかもしれません。
今や秋や冬や春には連休が充実してきました、気候もいいのでお客さんの入りは良いはずです。
日本の花火屋はどんな季節にもマッチングできる花火演出技術があります。
平成最後の夏が終わりました、2020の夏には大きなイベントもあります。この際、脱夏に大きく舵を切るタイミングです。





我々は顧客ニーズに対応し、進化し、環境に適応していかなければならない。
考え方を変える事、変わる事が急務だと感じている。




なお、タイトルからして『花火大会の未来予想図U』があるのかは検討中である。






posted by Z隊長 at 20:10| 大分 ☁| Comment(0) | 現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月08日

滅多に花火を見ない人が花火を見に行きました。


短いシーズンの中で仕事をしている花火師は、紺屋の白袴ではありませんが、なかなか花火を観客の一人として見ることはできません。
武藤輝彦著 ドン!と花火だより引用
ドン!と花火だ―花火見物ハンディガイド
ドン!と花火だ―花火見物ハンディガイド

花火なんて1年に1回(去年は東京だったっけ?)くらいしか見ない私が行って来ました。

青島までちょっとドライブ
DSC_0783.JPG


これな
DSC_0794.JPG


会場までタクシーの降場から歩いて800m
これが夏だったら、、、と考えたら怖いですね。
暑い季節じゃなくてよかった。

会場の亀席には、、、
DSC_0798.JPG


なんと遠くは秋田県からも来県されていましたwww
昨夜の福島県会津から飛んできた方も『遠いところ、恐縮でございます。』


さてフードエリアも大盛況
いったいどこに並んでるのかわからないくらいの混雑
IMG_20181108_192414.jpg



これが夏の炎天下だったら、、、、と考えたら怖いですね。
夏じゃないからお客さんは早く会場入りして飲食を楽しんでますね。
夏には見られないような光景です。

花火愛好家のみなさんは交流の輪が広がっています。
DSC_0799.JPG



そして、日没も早いので18時台のスタート!

一瞬で消える花火を追う皆さん
DSC_0814.JPG


記憶と記録に残す皆さん
DSC_0824.JPG


我々の花火は花火愛好家の皆さんにも支えられております。
DSC_0834.JPG


そして19時台に花火が終わり
会場から出るのだが、、、タクシー乗り場まで歩いた距離は1kmくらいだったが全然きつくない。
これが夏だったら、、、と考えたら怖いですね。
追伸、宮交タクシー(光)さんありがとう

そして、なんと20時すぎにはニシタチ到着
DSC_0840.JPG


ビールと焼酎で乾杯
DSC_0842.JPG


ふと考えた。
夏だったら、反省会スタートは22時頃だろうか?汗かいてるからシャワー浴びたいからアフター活動しない人がおおいのかな?
花火が始まる前の会場、花火が終わった後の町の賑わい、総合的客観的に分析すると
花火大会は涼しい季節に開催し、早く始め早く終わるのがこれからの主流なのかもしれない。と思った。




花火観戦用語でわからない言葉があればココで勉強しよう。
hanabinokokoroe2018.jpg

【花火の知識】花火マニア語録 ⇒http://fireworks-guidence.com/2018/08/01/10138/
















posted by Z隊長 at 20:01| 大分 ☁| Comment(0) | 現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする