2017年11月06日

回顧やつしろ2017


今年は珍しく秋の天気が悪かった。
台風が2週連続で日本列島を襲った。。。

これを『100年に1度の秋』と呼ぶことにした。

さて、1年前から計画していたイベントも急な変更も出来ないと察します。
会場準備、交通警備、各種専有許可、出店仕入れ、交通機関、、、花火業者の手配。。。
延期となれば各方面への大きな影響や予算の大幅な補充が必要になり、果たして延期しても開催できるのか?
な、現実問題が出てくる。

やるとなれば我々はプロフェッショナルとして最高のパフォーマンスを出す為に作業を行う。

私は担当の現場が延期になり急遽やつしろへ向かう。
DSC_0214.JPG

熊本空港を車で通過していた時の上空の飛行機に知り合いが乗っていたようだ。

たぶん、10年ぶりくらいのやつしろ
現場についたら筒の多さや現場の広さにビビる(笑)
DSC_0226.JPG


おーーーーすげーーー
DSC_0228.JPG


現場では懐かしい人たちと会うことも出来た。
『スターマイン優勝の塚本社長、いきなり俺の腹をつかむのはやめてくれんね(笑)』

そして、対岸の会場を散策。
沖縄の友人OD氏と会い、観客席レイアウトのレクチャーを受ける。
へーお客さんはこんな感じで見てるんや。。。
DSC_5101.JPG


すると。。。。。。偶然この方と。。。(マジで偶然)
DSC_5106.JPG


そして、偶然、宮城県のHSHS氏と初対面!さらに偶然、埼玉県のC介さんにも初対面!

『いやー、花火って人を繋げるもんなんやな。。。』と考えながら筒場に帰っていると。。。

私を呼び止める人が。
お互い合羽を着ているから判りにくかったが、、、

秋田県のMGMY氏と5月の東京ぶりに偶然再会!
お互い『えっ?えっ?なんで?なんで?』って状況でびっくり。
すると、宮城県のSTSさんが現れ、宮崎水平線ぶりの再会!

『いやー、花火って人を繋げるもんなんやな。。。』
『仙台の建設会社の社長、合羽の下を持ってくるの忘れた、って言ってたけど裸なんやろうか?』
と考えながら筒場へ戻る。


で、雨のやつしろ開催!

日本各地の花火のエネルギーが熊本に集結!
DSC_5115.JPG


DSC_5119.JPG





そして、現場は撤収

32発の花火を打ち揚げるには32本の電気回路を繋げます。
つまり1万発の花火なら1万回路が必要と言えます。
DSC_5133.JPG


はぁはぁ 400m下流のポイントまで到着
DSC_5140.JPG

各SNSでは熊本の美味しいモノや、観光地の画像をアップしてくれてたようですね。
ありがとうございます。
雨の開催でしたが、、、雨の花火って思い出に残るんですよね。
台風で飛行機等交通機関が混雑したようですが、みなさん日本各地に無事に帰られたようで。。。


いや、まだ帰ってない人が、、、

10月25日 大分県某所にて
DM-JERoUMAE20vx.jpg


11月4日 宮崎県某所にて
DNxgBZiU8AA7w3C.jpg木城1104.jpg


11月5日 佐賀県某所にて
DN3OoapVQAEmky6.jpgsaga1105.jpg











posted by Z隊長 at 20:53| 大分 ☀| Comment(0) | 現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月24日

花火は税金の無駄遣い?


過激なタイトルでスミマセンwww

花火大会は税金で執り行われていると勘違いしている方がいらっしゃいます。
まぁ、カンムリに市町村名が付くのでそんなイメージかもしれません。
でも、多くの場合は、スポンサー様や募金で賄われるウエイトが大きいのです。

ここで、税金を使った場合の例を考えてみましょう。

補助金3,000万円を使ったとします。
3,000万円の花火大会(運営費が1,000万円、花火2,000万円)
花火2,000万円ならワイドな演出で尺玉もあり、1時間以上は楽しめるかな。

『消えて無くなる花火に金を使うな!』って。。。

はい、ここからがおもしろい話です。

2,000万円の花火で花火業者がしっかりとしていればこの花火を見る為に全国からお客さんが集まってきます。※夏に開催しても全国から集まりません。やるならお客さんが活動しやすい時期。

どれくらい集まりますかね、会場キャパにもよりますが、20万人としましょう。

20万人がこの花火大会でどれくらいのお金を使うでしょう?
20万人×1,000円ですか? それでも2億の金が動きます。
それ以外でも、交通費(陸海空)や宿泊やお土産や、その場の勢い(笑)でかなりのお金が動くでしょう、それを3億とします。
3,000万円の花火大会が合計5億円の金を呼びこむのです。
お客さんが何らかの支払いで5億円使ったなら、、、、、、、、、

消費税として、4,600万円発生するのです。【A】
売り上げをしっかり申告すれば、いただいた補助金(税金)分を簡単に返還できるのです。
実際は流通過程でそれぞれ消費税が発生するのでその未知数もプラスとなる【B】

さらに、運営費allで3,000万円の発注に対しての消費税280万円が発生します【C】

計算してみましょうか?

【A】4,600万円 +【B】不明 +【C】280万円 = 5,000万円?
ここまでで、出した税金3,000万円がそれ以上になってます
つまり、花火大会に投資した金額がまるまる戻ってきているのです。

その後の観光リピーターや、ネームバリューアップによる波及効果も無限大の効果ですね。




税収不足なので増税を、、、との声を聞きますが。。。。。
使い方を考えれば、使い道を考えれば、税収を増やすことはできるのです。
いかがでしょう?腕のある花火屋に将来の日本国を投資してみませんか? #弊社の事ではない


実はこれは昔から言われています。

【近世職人盡畫詞より】
花火の価は水中に擲つに似たりといえども、
さにはあらじ、
玉屋鍵屋が懐に入らば、
また出て世にめぐりつべし、
其かのみならず、
おのれひとりたのしむにはあらで、
幾多の人の目を喜ばしむる徳は孤ならずして、
隣国の下つ総にもおよびぬべし

【意訳】
花火のお金はもったいないと感じるが、
それは間違いであり、
そのお金を花火屋に預ければ
綺麗な花火となって世の中に還元される。
それは一人で楽しむものではなくたくさんの人々
そしてその恩恵は全ての地域万人に及ぶに違いない。


つまり、補助金(税金)使わせていただいても、花火は税収を増やせる可能性が高いのです。
ローリスクハイリターンだと思います。
何よりも、地域住民が笑顔になり、老若男女も外人も楽しませる“日本の文化”と言えるので税金使っても罰は当たらんと思うが。。。いかがでしょう?







posted by Z隊長 at 18:32| 大分 ☁| Comment(0) | 現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月20日

やっちろ花火2017 (熊本県八代市)


熊本地震復興祈願 第30回記念やつしろ全国花火競技大会

花火概要(会場のレイアウトや飲食ブースの案内は公式大会誌(プログラム)をDLしてご確認ください。)

18:00開始
・カウントダウン花火
・オープニングワイド花火

・競技花火第1部
  10社

特別花火
・恋結花
・復興祈願花火
・30周年記念特別花火

・競技花火第2部
  10社

・2017ミュージック花火『Wonder』

・競技花火第3部
  9社

・協賛花火 特大スターマイン

・フィナーレ 花火師との光の交流

20:15終了予定

【公式大会誌(プログラム)】
これがなければ現地組も中継組も楽しむ事はできません。※無料DL
http://www.kinasse-yatsushiro.jp/hanabi/img/top/pamphlet.pdf


大会誌活用模範例 旅人San
DLして⇒印刷して⇒製本した!
yatusiropannhutabibito.png


【ラジオ中継】
kaxtupafm.png



【注意点】
雨の可能性があります。長靴、合羽等を用意しましょう、
夜間の傘は危ないし、合羽が機能的です。現地では売り切れも考えられます、今日買いましょう!

追記:『ツバのついた帽子。雨の時はこれあると上向く時にとても快適!』 by おだっち@FIREWORKS-METAL‏
ワイド演出があります、フレームアウト画像楽しみにしてます。
九州でも夜は寒いです。長袖を準備しましょう。
寒かったら首に巻くタオルなども活躍します。
トイレは込み合います。トイレの場所は明るいうちに確認しましょう。
トイレの照明が点かない場合もあります小型のLEDライト等は必携。
トイレットペーパーも必携。
買い物をスムーズにスマートにするには、小銭を準備しましょう。
熊本や九州の美味しいモノをツイッターやインスタグラムでガンガンアップしましょう!
被災地熊本でお金をたっぷり使いましょう!


【公式HP】
yatusiro2017kousiki.png



【重要】
熊本来たら、隣の大分県の温泉にもきちょくれな!


posted by Z隊長 at 12:02| 大分 ☔| Comment(0) | 現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする