2018年01月29日

この花火って何発?


花火の数量表記に対して消極派な私がこのような題名を書いてしまって反省している。。。笑

先日に開催された花火なのだが、、、
数年前からこの花火の存在を知り、非常に見たくてたまらない花火なのである。

その花火を言葉でどう説明すればいいのかわからないので、、、

それでは、“世界のヒラムさん”の動画を最初から最後まで飛ばさずにご覧ください。

※おわかりいただけるだろうか、世界各地からのコメント。




果たして、花火は数が多ければいいのか?時間が長ければいいのか?
花火にはカルピス理論があり、適した数量や時間があるのでそれを無理に変更するとおかしくなる事例が多いのです。。。


安心してください。
数百発の花火でも日本中からお客さんが集まる花火もあるのです。
13分の花火でも日本中からお客さんが集まる花火もあるのです。
※確認できただけで北は東北宮城県から南は九州福岡ですか?
こんないい花火もあるのです。ってお話でした。


そしてこの花火の準備の為に多くの時間(日数)と多くの従事者がいた事も知って欲しいですね。
wakakusa2018syaku.jpg

撮影:覚二朗さん

若草2018撤収.jpg

撮影:覚二朗さん

担当業者の皆さん、お疲れ様でした。。。


えっ『で、いったい何発なの?』って?
鹿『そんなん自分らでネットで調べたらええがな!』
DUiAob8UMAAy1aX.jpg

撮影:覚二朗さん









posted by Z隊長 at 20:36| 大分 ☁| Comment(0) | 現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月25日

ワンコイン(500円)で花火大会を開催。


ライブでも行こうかと考えている今日この頃
DSC_6279.50jpg.jpg

このようなエンターテイメントを楽しむ対価、アーチストやスタッフの経費としていくらかのお金を支払う。
いわゆるチケット代であろう。
今行きたいと思っているライブのチケット代は6,800円である。
高いか安いかは考える必要はない。楽しめば安いもんだろう。


さてさて、客層を選ばない最強のライブエンターテイメントである花火大会はどうだろう?
多くの場合、お客さんは無料で花火ライブを楽しめますね。。。。

ここで、ちょっと考えてみた。
ある会場を想像、、、会場キャパは面積から算出して3万人は充分入る。
もし、
もし、
もし、ですよ。
もし、3万人のお客さんから
花火チケットとして1人500円
ワンコイン500円
いただけたとすれば、
30,000人×500円で
15,000,000円(一千五百万円)になります。
運営費(会場設営費用、安全対策費用、広報費用、弁当等)を500万円とすると
残りが花火代になります。

多分、1時間ノンストップで、ワイドや大玉やミュージック等が楽しめます。
500円でこのような花火のライブが見れたらどうでしょう?

えっ、そんな花火なら3,000円の価値がある?
それなら30,000人×3,000円=9千万円
メガ級の花火大会が開催できます!

えっ、それ以上の6,800円の価値がある?
それなら30,000人×6,800円
はい、もう計算はしませんwww

話は元に戻って、
500円で1時間の花火大会を楽しめたら安いと思いませんか?
そう考えると、花火大会のコスパは優れているのです。
さらに客層を選ばないし、宣伝効果バツグンなのです。


考えてみてください、音楽ライブ、映画、スポーツ、美術館、、、当たり前にお金を払って見てますね。
このチケット代と同じくらいの金額を皆様からいただけるのでしたら花火大会は開催できるのです。


エキサイトライブである花火大会を支えてくれる協賛スポンサー様に感謝。


※記事と動画の関連性はありません。


posted by Z隊長 at 21:41| 大分 ☁| Comment(0) | 現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月17日

花火の打ち上げ数量とは?


花火大会を宣伝する言葉で
『打ち上げ数 ○,○○○発』との表記がある。

このブログの読者さんは私が数量表記に対して疑問を持っている事はご存知だろう、
また、私とお付き合いしているクライアント様も私が数量表記に消極的な事は有名でしょう(笑)

なぜ、数量表記に対して疑問を持ってるか?って?

1 花火の数量のカウント方法はいろいろあり、統一されていないから意味がない
2 数量が多いと掲載枠が大きく目立つ記事になり、数量が少ないと目立たない
3 数量競争になり、花火の内容なんてどうでもよくなりそうだから


そして、何より


そんな情報は必要とされていないようだから。
hanabi taikaierabi2018annke-to.png



花火は演出力が重要なのです、いかに魅せるか、であり、数量はあまり関係ないのです。

そして、過度の数量競争は、安全性やクォリティーを急降下させるのです。
そしてそれが日本の花火文化を衰退させるトリガーにもなるのです。
だから、数量なんてどうでもいいんやない?それより内容が重要じゃないかな?

実際、脱数量競争!にシフトされた花火大会の品質はかなり向上しています!






posted by Z隊長 at 19:14| 大分 ☁| Comment(0) | 現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする