2018年02月28日

花火の季節は夏なのか?




私はよくクライアント様にこんな質問をする。
『なぜ夏に花火大会をするのですか?』と

するとこんな答えが返ってくる。
※少数意見
『神社の祭りに合わせて花火大会をしている』
『お盆の供養花火だから』
『お盆の帰省に合わせて』
※多くの意見
『夏だから』
『昔から夏にやってるから』
『よそもやってるからうちもする』
『夏に花火せんでいつするんか?』
『夏じゃねーのに花火上げたら笑わるんけん』
『あんたらも夏のほうがいいやろ!』

あえてこの意見を分析するような事はしません(笑)


ただ、世の中のニーズが変わってきている事に気づかないと取り残されます。
ターゲットであるお客さんは夏の花火を望んでいるのか???

たとえば花火大会が各地で頻繁に生まれてきた頃、昭和40〜50年代でしょうか?
その頃は、いわゆる温暖化も無くエアコン無しでも過ごせましたね。
なので日が落ちると涼しかったので夏の夜の花火大会も今より過ごしやすかったかもしれません。
今のようなゲリラ豪雨や突然の落雷、そして河川の氾濫も無かったように思います。
社会環境はと言えば、今は週休二日が当たり前ですが当時は祝日も少なく日曜日が休みくらいだったようです。なので学校が休みの夏休み期間に花火大会をしていたのではないでしょうか?
そして当時は花火業者の数は今より多く、規制もゆるく(←不適切表現ですが)、逆に花火大会の数は今の半分くらいだったと思われるので夏に開催していたのだと思われる。

そして、近年は人が集まりにくい状況になりました。
理由は、暑さです。
おまけにライブ中継も発達して家でも花火を見る事も可能になりました。
※行きたくても行けない人にはありがたい中継です!
夏の花火大会が多すぎて、ブッキングしまくりで『夏の花火に新鮮さが無い』との声も聞こえてきます。
週休二日なら夏休み期間にこだわる必要はなくなりましたね。

お客さんが暑い夏の花火を望んでない意見が多い事は知ってます。


じゃあ、夏以外の季節に花火大会して何かメリットあるの?て?
1 暑くないので集客が増えると思います。
2 夏の雨季じゃないので比較的安定した気候で快適。
3 夏のような花火大会激戦期じゃないので注目されます。
4 スタート時間を1時間早める事で集客アップできます。
 ※花火が遅いと帰りの時間が心配のようです。(これ意外と重要かも)
5 気候が良いので花火大会開催地に早くから観光したり買い物してくれます。
6 夏より湿度が低いので花火が綺麗に見えて音も響く。
7 花火師が元気!時間や人材や機材が豊富!
番外 お化粧が崩れない!

メリット多いですね。。。。。。。どうでしょう?

これからの“花火の季節”は夏じゃないかもね!?
いや、オールシーズン開催で!?
DSC_3490.JPG


統計調査では、1年間に開催される許認可花火の約7割が夏に開催されています。
これが各季節に分散されれば、季節や地域にとってオリジナルな花火大会が開催できるはずです。

花火大会は夏に開催しなくていいのです。








posted by Z隊長 at 22:04| 大分 ☔| Comment(0) | 現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月22日

オリンピックと花火の関係


今、韓国のヒラマサ(平昌)でオリンピック冬季競技大会が開催されています。

各国の選手が競技で戦う姿はすばらしものであります。
国境や思想、宗教等の壁を越え一つの競技にチャレンジする姿は感動します。
そして応援する人達や国旗を背負い表彰台に立つ姿は愛国心を奮い立たせます。

さて、1998年2月長野県でオリンピックが開催されました。
閉会式の花火シーンを覚えている。
その時打ち上げた数量は2.5号から尺まで4,909発、演出時間は8分間
長野県11社による演出打ち上げでした。
『この日の主賓外国選手の大多数にとっては生まれてはじめて接する華麗な美の祭典であったであろう。テレビにうつる彼らの表情は息がつまって声も出ない。呆然自失とでも言おうか。。。』
信濃毎日新聞社 『長野の花火は日本一』より引用。


そうなのです。
花火とは言葉が通じなくても大丈夫なのです。
世界中の人が誰でもhappyになれるのです。

そして冴木一馬氏はこのように書いてます。
"花火は平和の象徴" 火薬の平和利用は花火です。
【 国連加盟国は2010年現在192カ国で、その中で花火があるのは約30カ国にしかすぎない。又、玩具花火である線香花火などを一般の人が楽しめる国は世界で約15カ国。西欧の多くの国では昔から宗教や人種の違いによる大小さまざまな紛争が現在も続き、例え玩具花火といえ、一般人に火薬を扱わせない文化が色濃く残っています。花火を世界中で楽しめる世の中になる事。それは 世界平和を意味しています。】


そうなのです。
火薬や爆薬は軍事用になると人を傷つけたり破壊する目的で使われるのです。
それを花火という芸術品に転換させたのが花火師といわれる人たちなのです。
現に花火の点火装置は軍事用からの改良なのです。






オリンピックという世界中が注目する祭典で世界中が同じ空間を共有するのです。
それは、2020年花の都大東京で開催される。

日本のHANABIには深いメッセージが込められているのである。
posted by Z隊長 at 18:52| 大分 ☁| Comment(0) | 現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月04日

このブログ8年経過


いろいろありますが。。。。。

2010年このブログはスタートしました。
その時の記事(黒歴史的記事が多いw)⇒ http://hanabizuiki.seesaa.net/article/140134118.html

様々な災害と灼熱の夏を乗り越え8年が経過し、9年目に入りました。
花火業界でのブログ更新数はトップだと思います。
アクセス数も、1日平均訪問者50〜100IPくらいで200PVくらい、夏場は数百訪問者のアクセス。
※シーサーのアクセス解析をみると水増しカウンターではないようです。
累計556記事(平均70記事/年)無事にweb上で公開しています。
おかげで北海道から沖縄石垣島wまで花火クラスタさんとツイッターの繋がりができました。

小学校の時に絵日記を書いたことがない(夏の終わりに適当に書く派)のにブログは続いてます。


でも8年経ってもわからない事があります。
それは

『日本人はなぜ夏に花火大会をするの?』である。

なぜわざわざ気候の不安定な夏に開催するのか?
どこそこ開催してて夏の花火は新鮮さがないのでは?
お客さんは夏開催を望んでない意見が多いと聞きます。

まあ、10年後の日本は四季の夜空に花火が上がっている事を期待してます。




人生の楽しみの中で最大最高のものは、やはり人を喜ばせることでしょう。すべての芸術、すべての文化は人を喜ばせたいということが原点で、喜ばせごっこをしながら原則的には愛別離苦、さよならだけの寂しげな人生をごまかしながら生きているんですね(やなせたかし『わたしが正義について語るなら』)
みやざき地頭鶏専門店『居心地屋やまぢ』 @smilesoyumiさんのツイートより


posted by Z隊長 at 09:56| 大分 ☀| Comment(0) | 現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする