2017年12月29日

回顧 べっぷクリスマス20171223


先日、別府の現場を終えました。

多くの方々にご来場、ご来県いただきました。
大分県民を代表いたしまして厚く御礼申し上げます。


この花火の為に、2〜3週間の時間と、累計100人くらいのエネルギーが注がれました。
※夏の花火なんか10ヶ月もの準備をしているのです。

花火屋の朝は早い
いざ、別府!
DSC_5815.JPG


現場従事者一同
DSC_5833.JPG


予定通り作業を終え
いざ、スパビーチ!
DSC_5852.JPG


おっと、会場でこの方、発見
DSC_5892-2.jpg


そして、リハーサル無しの本番開始

関東関西のみなさんの画像です。
神奈川からたくやさん、この玉が見たくて来てくれました。
takuyasutenndo2017べっぷ.jpg


東京から乙幡国広さん、初対面でしたが『久しぶり!』って感じでした。
1223ouzi2017べっぷ.jpg


東京からたけさん、来るとは聞いてなかったので現場で見かけてびっくり。
take2017べっぷ.jpg


奈良から覚二朗さん、プロの感だろう、サプライズ花火を捕らえてくれました。
kakuzirou2017べっぷ1223.jpg


三重県からangelhanabiさん、別府湯布院を楽しんでくれました。
別府angelhanabi2017.jpg


三重県 TっKさん、別府⇒名港弾丸ツアーありがとうございます。
txtukky2017べっぷ.jpg



そしてo-k-mさん遠くからありがとうございました。





つづく

posted by Z隊長 at 07:42| 大分 ☁| Comment(0) | 現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月10日

べっぷクリスマスHanabiファンタジア2017(お役立ち情報)



べっぷクリスマスHanabiファンタジアは、今から24年前に当時の社団法人別府青年会議所により発案され、市内の小学生による「子ども達とクリスマスソングを歌う会」でクリスマスソングの大合唱の後、子ども達へのクリスマスプレゼントとして花火を打上げることから始まったイベントです。このイベントも今年で24回目を迎え、日本の冬を代表する花火の一つとして成長しました。


【開催日】
2017年12月23日(土・祝) 24日(日) の2日間

【場所】
大分県別府市 別府タワーのすぐ近くの的ヶ浜(通称 スパビーチ)
DSC_5655.JPG

[ここに地図が表示されます]




【筒場】
スパビーチ沖の台船からの打ち上げ
CHF台船tarosuke.jpg



【花火内容】
ノンストップフルシンクロスターマイン(音楽演出)
23日、24日、全く違う内容です


【公式情報】※画像をクリック
CHF2017bana-.png



【よくある質問】
『家族向け、カップル向け、の演出なのでどっちに行こうか迷ってる』
えええっと、イベントコンセプトはそのようになってますが、、、
花火は客層を選びません。男でも女でも、お年寄りでも子供でも、
さらに、国境、国籍、言語、肌の色、思想、宗教、あらゆる障壁なく誰もが楽しめるのが花火なのです。
だから、『どっちでもええよwww悩むんなら、両日来ればええやんwww』



【重要情報】
 ・防寒対策はしっかりと!
 ・ネックウォーマーがいい(タオルでも可、全然違います。)
 ・温かい系下着がいい(らしいです。)
 ・カイロがいい(ポケット用、足用)
 ・手袋がいい(安全面から見ても手袋はオススメ)
 ・フード付きコートがいい(雪が降ってもへっちゃらw)
 ・新聞紙がいい(服の下に忍ばせておく。) 
 ・会場が急に暗くなるので小型のLEDライト等があると便利かも。
 ・公共交通機関を使ったほうがスムーズかもしれません。
 ・非常に混雑します。時間に余裕ある行動を!
 ・トイレも混雑すると思います。ご婦人方はくれぐれも注意してください。
 ・トイレの場所は明るいうちに確認しましょう。
 ・貴重品等はしっかり自分で管理してください。
 ・買い物するには小銭が早いです。お店の人も喜びます。
 ・寒い冬はバッテリーの消耗が早いです、携帯やカメラの充電にはご注意。
 ・いきなりの斜打でフレームアウトする鴨。
 ・各SNSで大分県の景色や美味しいモノをたくさんアップしてください。
 ・23日は天皇陛下の御誕生日です。国旗掲揚をお忘れなく!





posted by Z隊長 at 15:49| 大分 ☔| Comment(0) | 現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月30日

カルピスと花火演出


我々は、“いわゆる花火師”という職種のようだ。
花火を作ったり、花火を打ち上げたり。。。
まぁ、何年か続ければそれなりの技術は身に付くだろう。

しかし、現代はそれら技術を向上させ、さらに“花火を演出する”事が求められる
ってか、それを提供しなければならないと思う。


ちょっと、カルピスの話をしましょう。
1991年カルピスウォーターが発売された。その時のことを鮮明に記憶している。
ある映画館で、新発売のカルピスウォーターを自販機で買って
飲んだ瞬間。。。。
『甘えーーーーーーーーーーーーーーーー』
と、驚いたのでした。
子供の頃から希釈して飲んでいたカルピスは薄かった。と気が付いたのです。。。


話を元に戻します。

クライアントさんが花火演出に満足いただけていない事がたまにある。

【案件1】間延びした。
急遽現場でクライアントさんから依頼されて『組み込んだ演出プログラムをバラして時間を長くしてあげた。』が原因のようだ。
まぁ、これで問題ない事が多いのだが。。。
つまり、花火が薄くなったのである。薄いカルピスになってしまったのです。
演出する側は事前にイベントのコンセプトや、ロケーションや、花火の性質や、その他様々な事を想定、想像しながら演出プログラムを作ります、そしてその花火が綺麗に見えるように時間を設定しています。※カルピスでの5倍希釈である。
しかし、現場の適切な対応(時間を延ばした)がカルピスを10倍くらいに希釈してしまったのです。。。
花火演出とは、ご予算やレイアウトやコンセプトを考慮した最適な演出時間があるのです。
DSC_5557.JPG


【案件2】去年より打ち上げ数を増やしてもあまり変わらない。
みなさんは、花火の数量が多いほどいい花火大会だと思っている方が多いようです。
これに関しては、花火に対する価値観がそれぞれ違うので正しい答えはありません。
ただ、同じ予算でもいろんな数が打てる理由は、、、
例えば、100マソ円の予算で複数業者に見積書を提出させたとしましょう。
A社 『300発打ちます』
B社 『900発打ちます』
C社 『2,000発打ちます』
はい、使うものが違うし、数え方が違うのです。
だから、入札で競争させてもいい結果が出るとは言えないのです。聞くところによると多くの場合入札ではいいモノが出ない、と言います。
同予算で数量を打てばいい花火大会になるとは言えないのです。
カルピス1に対して10の水を入れても美味しくないのです!
近年の私の経験では、『数量をダウンさせてじっくり魅せた方が満足いただいている』と断言できます。
数が増える事によりせっかくの見せたいモノや見せたい現象が見えなくなるのです。
数量を求めるとクォリティーや安全性は急降下する例も多く見られます。
昔のような、数ばかり跳ね上がる花火大会より、ちゃんとした花火が上がるほうがいいようです。
花火演出とは、ご予算やレイアウトやコンセプトを考慮した常識的な数量があるのです。
DSC_5557.JPG






一度5倍希釈のカルピスを飲んでみませんか?
とってもおいしい時空を演出します。。。










posted by Z隊長 at 20:49| 大分 ☁| Comment(0) | 現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする