2020年02月23日

花火経済学 経費編



花火の世界ってお金の話はタブーな雰囲気があります。
しかしそういった部分をオプーンにしない事が様々な誤解を生んでるのではないでしょうか?

花火大会をするには花火代(玉代)だけでは花火はあがりません!



では、どんな経費が掛かるのでしょうか?


【E00万円30分間の花火の例】

レンタカー 
2tトラック 2台
前日積み込み1日、当日1日、翌日おろし1日 合計6台分

レンタカー 
人乗せ1BOX1台
前日配車、当日、翌日おろし 合計3台分

仕込みと積み込み人件費
弊社では安全と確実の為に事前に準備をします。
E00万円では4人くらいで2〜3日はかかります  合計10人分

運送費
往復燃料代 往復有料道路代   実費

当日人件費
現場作業として雇います     6〜7人


他いろいろありますが、以下ry



花火大会をするには花火代だけではありません。
人やモノや車や時間が必要なのです。
30分の花火大会に総勢数十人が数週間も準備をすることもあります。


※ちなみに、上記経費は確実に出て行く(花火屋の手元には残らない)金額です。
こういったお金をいただくことでいい作品いい演出が出来上がるのです。


注意:各事業所ごとに項目はちがうのでこの記事は
『へー、けっこう大変なんや。。。』と思ってもらう記事なだけです。

DSC_4451.JPG









posted by Z隊長 at 20:39| 大分 ☀| Comment(0) | 現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月16日

花火と言えば夏!か?


常識の反対は非常識?
今までの常識が今は非常識?
夏じゃない花火大会は非常識?


我々は常に世の中のニーズを見極め、新しい時代を創っていかなければ進化できない。


2020の夏こそ今までの古い常識(イメージ)を捨てていくチャンスであろう。


tekisitenaikisetu.png


このアンケートでこんな意見をいただきました。
・朝から場所取りで死にかけます🐤

・花火師さんや関係者も設置作業とか大変ですよね。せめて過ごし易い季節に。

・観客の熱中症対策と花火師さんの労働環境改善のためです!

・適してない季節なんかない(全ていい)


花火夏アンケート2019.png



『花火屋は夏じゃないと花火を上げてくれない』ってのは嘘です。
日本の花火には四季それぞれにマッチングさせるセンスと技術はある事を多くの日本人は知らないだけです。


注意:この記事は夏の花火を完全否定しているのではなく、夏から脱出する主催者様を後押しする内容です。
posted by Z隊長 at 11:46| 大分 ☔| Comment(0) | 現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月09日

花火におけるニーズとシーズの食い違い


我々にはお客さんがいます。
花火大会を運営する主催者様(以下クライアント)
花火大会に来る観客

私はたくさんのクライアント様からご意見、要望をお聞きし
それを達成するためにアイデアと技術を駆使しております。

私は日本中の観客と繋がっています。
花火愛好家、花火鑑賞士、花火好き、花火反対派、、、、
毎日たくさんのご意見を参考にさせていただいております。


このクライアントさんの考えと、観客の要望が食い違っている事を不安に感じます。
提供するモノが、求められていないケースがあるのではないでしょうか?
いわゆるシーズとニーズのズレです。。。




@花火の打ち上げ数を増せばいい花火大会
 参考意見⇒誰も数えない数量を発表しても意味が無い、逆に地雷
 

A暑い夏のほうが人が集まる
 参考意見⇒今年は暑さでし人が出るかも?夏じゃないほうが快適なんだが
 

B花火開始の時間を下げれば人はもっと集まる
 参考意見⇒家に帰るのが遅くなるから行かない。



上記3項目が大きな課題であろうと思います。


祭りを継続して、花火のクォリティーを上げ、花火開催地を宣伝するなら
今までの保守的な考えを捨て、市場を見極めなければ我々は時代に取り残されると危惧しています。


さあ、やってみよう


スポーツイベントで夏の花火大会ができない?????
それはチャンスです!
夏から脱出して秋や冬や春の“暑くない季節に”移動すればいいのです。
大多数の観客もそれを望んでいるかもしれませんよ!










posted by Z隊長 at 10:18| 大分 ☁| Comment(0) | 現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする