2018年12月31日

冬なのに花火


よく言われます。
『別府んクリスマスん花火は2日間あるから、あんたたち楽やなあ、準備も1回で終わるんやろ?儲かるなあ!』
と。。。

とんでもございません。

その逆です。
理由は、、、、
限られた時間(数時間)の間に1日目と2日目のソフトとハードの全てを入れ替えるのです。
打ち上げ筒は全て入れ替え、玉も全て入れ替え、レイアウトも全て変更、機材組みなおし、電気回路も全て入れ替え、点火データも全て入れ替え、弁当も昨日と違うメニュー。。。
限られた時間内でのこの入れ替え作業はヘビーなのです。
台船の出発時間もあるのでとてもタイトなスケジュールで2日目を迎えるのです。

みなさんが想像している『別府んクリスマスん花火は2日間あるから、あんたたち楽やなあ、準備も1回で終わるんやろ?儲かるなあ!』←とは全く違うのです。


とにかく『いざ!』
DSC_9408.JPG


ランドマーク別府タワーにに『今夜もお客さんの誘導頼むで〜』と。
DSC_9409.JPG


花火屋の朝は早い
昨夜の反省と今日の作業スケジュールの共有、確認
『今日も1日0災でいこーーーう!ヨシ!』
DSC_9417.JPG


台船出港時間になんとか間に合った。。。。出航!
DSC_9424.JPG


打ち上げ台船は予定通りスパビーチに到着
点火クルー達を残し、会場へ上陸
DSC_9429.JPG


会場散策、、、花火大会は多くのスポンサー様の協力で運営されます。
DSC_9431.JPG


三脚ゾーンに挨拶へ行くと、、、
東北の建設会社の社長に会った。長い付き合いのような感じだか初めてお会いした。
この出会いを『ホヤ記念日』に制定した。
DSC_9434.JPG


そして千秋楽の演出が始まり、、、、
セカオのスターライトパレードでは流れ星が降ってきた。
sekaowasuta-raitopare-dokasi.png


イントロ後に、、、
banana20112248chfnagqarebosi.jpg


そしてCAROL OF THE BELLS が流れる頃別府の夜空はクリスマス色に染まった。



25年目の冬の花火が終わった。。。


別に達成感などない。

筒を洗うまでが花火大会だから。
DSC_9458.JPG


DSC_9472.JPG



日本各地からのご来場まことにありがとうございました。
また来年もお会いしましょう!







posted by Z隊長 at 21:25| 大分 ☀| Comment(0) | 現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冬に花火


日本人の大多数は『花火は夏にするもの』と思っている。
そんな人に会ったら『なぜ夏なの?理由を教えてください』と聞くが
的確な答えは出てこない。

つまり花火は夏だけのモノではないからである。。。

別に花火はいつでもいいのである。四季の風景に合うのである。
客観的に見ても、夏より開催メリット(集客率、連休、観光、知名度等)が大きいと思われる。

この花火大会も当時は非常に珍しい冬の花火でした。
当時は『花火は夏のもんや、冬に花火ってちょっとおかしいんやない?』と言われていたようです。
そして『寒いのに人が集まるはずがない!』とも言われていたようです。

それから、25回目の湯の町別府の冬がやってきた。


当日
『花火屋の朝は早い!いざ!』
DSC_9356.JPG


晴れた!
DSC_9358.JPG


しかし作業中に少し雨に打たれる。
DSC_9363.JPG


エネルギー充填
DSC_9367.JPG


打ち上げ台船のセッティング完了で会場へ
DSC_9368.JPG


ステージ音響チームはリハーサルしてた
※花火はリハーサルなど一切出来ない!本番一発勝負である!
DSC_9369.JPG


すると台船がやってきた。
DSC_9370.JPG


ある情報が入ってきた。
っつーか、TwitterのTLを見ると九州別府への民族大移動の動きが。。
花火鑑賞士数名が別府に上陸のようだ。。。
東北の建設会社の某社長も来てるらしい。。。

※花火鑑賞士とは、以下蛭田氏のブログより引用
NPO法人大曲花火倶楽部が「花火を知的にかつ楽しく鑑賞するための技術向上を図ることにより、もって市民レベルでの花火の普及に資する事」を目的として、年一度だけ秋田県大仙市で開催している資格試験になります。
分かりやすく言うと現時点よりも試験に合格した後が重要で、花火を見て「綺麗だな」と思うだけではなく、「どこのどう言う所が綺麗で素晴らしかった」と自己研鑽をしたり、「日本の花火ってこう言う所が素晴らしいんだよ」と周囲の人達に伝えていく役割を担う事になります。

蛭田氏のブログ『花火の心得』⇒http://fireworks-guidence.com/2017/08/18/8598/

とは言っても本番当日に内容を変更もできないので普段どおりの弊社の花火をするだけである。。。


夕刻、九州の花火愛好家が勢揃い!全国区の花火愛好家の方や鑑賞士の方も会場入り
肉眼レフ派、一眼レフ派、動画派、スマホ派、、、多くの方が構えていた。
DSC_9378.JPG



奇跡的天気の回復からの本番スタート




追伸、花火愛好家の皆様、別府の景色や温泉、美味しいモノをたくさんアップしてくれてありがとう。

翌日の千秋楽へつづく。。。







posted by Z隊長 at 14:35| 大分 ☀| Comment(0) | 現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月28日

地域を繋げる花火


各花火大会の源流には様々な“想い”から生まれている。

平成時代に生まれた花火大会、昭和時代(特に大東亜戦争後)に生まれた花火大会、大正・明治時代に生まれた花火大会、そして江戸時代それ以前からの流れを継承する花火大会。。。。。
そんな花火大会も時代に合わせてフレキシブルにリニューアルしていく事も花火プランナー(造語)としての役割であろう。

2016年の春にこの企画が急に持ち上がった。
その時はまだ面識の無かった秋田のともともさんにお世話になり。
※実は当時ツイッターのフォロワーさん達にも協力アドバイスをいただきました。

そして、いざ
nyuutabarukousoku.jpg


現着からの作業
はっきり言わせてもらえば
『夏のように暑くないので作業ははかどります。』
F地点.jpg


秋田県産の7号大玉も初上陸!
7号a地点.jpg


準備作業は終了
夏だったら、、、まだ終わってないだろうな。。。。(怖)

筒場から裏の撮影エリアを盗撮
※たまたま撮影したが知り合い鴨 ちょwww
DSC_9263.JPG


そして夕刻、対岸の本部席に移動していると
日向大橋からは黄昏る鴨を見る事ができた。
DSC_9268.JPG


佐土原側本部に着くと、、、、
地鶏煙竜が絶好調www!
DSC_9269.JPG


そして、冬の一ツ瀬川花火大会が始まった。
オープニングからJVワイドシンクロ攻め
hitotuse2018op-2.JPG


hitotuse2018op-1.JPG



そして宮崎県宮崎市佐土原と秋田県大仙市協和をつなぐ花火が
今年も宮崎市&児湯郡新富町の夜空に打ちあがりました。
協同組合チラシ.jpg


エンディングもJVワイドシンクロ攻め
hitotuse2018ed.JPG





会場は想像以上の多くの来場者だったようです。
冬の花火もいいもんだ!特に九州の冬は穴場だと思う。


宮崎県と秋田県は遠く離れていますが、夜空は繋がっています。
我々は地域や人を繋ぐ花火でありたいと思います。


秋田県大仙市観光物産協会
http://daisenkankou.com/
daisennkannkoubuxtusannkyoukai2018.png







posted by Z隊長 at 11:46| 大分 ☀| Comment(0) | 現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする