2018年08月29日

平成最後の夏場所戦記 その6


日本の花火大会の多くは夏に開催されます。
昔のような夕涼み的な涼しさも無くなり、夜も♪蒸し暑く長い夏の夜〜♪(浜田省吾Moneyより引用)
町のコンクリート化で熱が放射できないのであろう。防波堤のコンクリートは夜も温かいのです。。。

さて、味力全開の佐伯にもいきました。
DSC_8973.JPG


筒はクレーンで台船に乗せます。
DSC_8982.JPG


15号(尺五寸)装填
ちなみに大東亜戦争時の戦艦大和の主砲と同じくらいの大きさです。
DSC_8996.JPG


昼飯風景
DSC_9001.JPG


夕方には台船を曳航
DSC_9005.JPG


台船固定
DSC_9008.JPG


夕飯風景
DSC_9016.JPG


そしてリハなしのぶっつけ本番!
DSC_9010.JPG



ケムケムでしたっけ?

もちろん翌日は筒を洗ってましたっけ?
DSC_9034.JPG



posted by Z隊長 at 10:08| 大分 ☀| Comment(0) | 現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月28日

平成最後の夏場所戦記 その5

8月第一週末は夏の折り返し地点である。
疲労はピーク、ピークがあと3週間は続くのである。。。
今、画像を見て当時の事を思い出しているのである。

あああ、大変だったね。この仕掛け
DSC_8854.JPG


人口1,000人ちょっとの村に多くの人が集まる。
DSC_8863.JPG


スタンバイおkからの
DSC_8864.JPG




別に達成感などない、次の現場大分合同新聞納涼花火シリーズ大分合同新聞花火大会(早く言えば『大分川』)へ移動するのだ。
DSC_8872.JPG


で、翌朝には、、、
DSC_8881.JPG


いたよ
DSC_8882.JPG


執念のワイド
DSC_8889.JPG


眼精疲労のローガンズには厳しい作業
たった32発打ち揚げるのに32回路。。。
花火は年々複雑に、そして時間や手間がかかる作業になっているのです。
DSC_8891.JPG


スタンバイおkからの
DSC_8915.JPG




38506629_2065519710145500_6829117366371090432_n.jpg


38541374_2065519430145528_8865933317904531456_n.jpg


斉藤和義の歩いてかえろうの曲が流れたときたくさんの光が見えました。



そして、暗闇の撤収が終わった頃、町は静かになっていた。
DSC_8924.JPG









posted by Z隊長 at 20:05| 大分 ☀| Comment(0) | 現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成最後の夏場所戦記 その4(夜の裏画像あり)


各地で台風、ゲリラ豪雨等の影響で花火大会やイベントの延期や中止の情報が入ってくる。
もう台風やゲリラ豪雨が夏の風物詩のような気候だ、これからは『高温の為のイベント中止』も出てくるかもしれない。
我々従事者も炎天下高温、高湿度で体力的に非常に危険な状態である。


さて、延期からの別府湾
だんだん天気が回復、ってか暑い。。。
DSC_8753.JPG


今日も曳航されて、いざスパビーチ
DSC_8767.JPG


ここは不可能を可能にするパワースポット?
DSC_8777.JPG


各地から花火愛好家の方が来てくれてました。ありがとうございます。

珍しい画像を見つけました、夜の別府の裏画像
撮影:福岡県Bananaさん
38023149_2058621990835272_7289366225019207680_n.jpg


そして花火が終われば撤収作業
DSC_8785.JPG


みなさん怪我もなく、北浜の歓楽街に逃走した人もなく無事終了。
DSC_8789.JPG


もちろん翌日には筒を洗って、、、、

2日後には宮崎県の小さな村に行ってたっけ?
DSC_8839.JPG


行ってた。
DSC_8841.JPG

posted by Z隊長 at 17:09| 大分 ☀| Comment(0) | 現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする