2019年02月25日

花火屋はartist


アーチスト(アーティスト)=芸術家。特に美術家や演奏家・歌手をいう。
まぁ何がそのアーチストなのかは決まり事はないようだ。


我々は花火の世界で生活しそれで飯をいただいている。。。


一昔前は、戦国時代とも椰喩される状況があった。
つまり、花火大会の受注は入札(見積)による競争であった。
安く見積もることで花火大会を受注できる、、、今考えれば非常に簡単な受注である。
しかし私はこの入札見積の依頼者に対して
『花火を金額で比べんでくれ、安いのがよけりゃそこに注文すればええやん』
『花火って値段で比較するもんやないで』
と申し上げてきました。


その理由は
我々の扱う花火は全てオリジナルであり、他の花火とは違うから比較は756パーセント不可能である。
価格低下は、品質や安全性の急低下であり従事者のモチベーションの急降下になるからある。
花火を安く出してたくさん打ち揚げてもいい花火大会になりそうにないから。(ほぼならない)
※まぁ私がこんな事言っても説得力ありませんがねwww


つまり
近年の花火はかなりの手間や時間や機材を投資しており見積書などの数字では表せないのである。
そして
日本の花火技術は世界中から注目されています、この技術や後継者を守るためにも安易な入札競争は無くなさなければなりません。

我々の花火は芸術品なので価格なんて存在しないのかもしれません。
我々は演出家であります、芸術品をいかに安全で美しく魅せるかの技術なのです。


甲乙の信頼関係こそ花火大会のクォリティーアップにつながるものと確信しております。

お客さんへ、様々な情報で公表される“いわゆる打ち上げ数量”に惑わされる事なくいい花火大会に出会ってほしい。
安心してください、花火大会の美しさ等は“いわゆる打ち上げ数量”とはあまり関係ないのです。





花火屋は、見た目は汚れてますが、、、artistなのです。
DSC_0249.jpg


posted by Z隊長 at 20:29| 大分 ☁| Comment(0) | 現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月17日

花火大会の値段をこんな見かたをしてみる(目からうろこ)

花火大会のクライアントさんと話をした。

クライアントさんから
『うちの花火大会はどれくらい数量を打つのがいいやろうか?』
『うちの花火大会の予算はどれくらいがいいやろうか?』と質問を受けた。

多くのクライアントさんは他の花火大会の事を知らないようです
なので雑誌やネットで花火大会の打上数や観客動員数の“数字”を見るだけのようです。
私はよく言います『打上数なんか花火大会の規模を表す数字じゃないし、数え方の基準は無いんです、そして観客動員数?これもどうやって数えてるんだか、、、これも花火大会の何を言いたいのかわからない数字ですね』と。
そして、『貴地区の花火の数量を増やすのは簡単です、しかしお互いにいい結果とはなりにくいですよwww』と答えています。


『重要なのは予算をどうするか?の話ですね。。。』
お金の話は聞きたくないクライアントさんも多いかと思いますが
お金は甲乙の信頼関係を構築し、スムーズな技術取引きを成立させる為のツールなのです。


(注意)ここからの話は考え方の例え話です、計算公式ではありません。
会場設営費や安全対策費や弁当代等は含まれておりません。
あくまでも“こんな考え方もあるんです”的なお話デス。

【どれくらいの感動を与えるか?的な考え方】
例えば観客動員数20,000人とする。
A : アーチストライブ並みの感動の花火を提供したい! 6,000円×観客数20,000人=1億2,000万円
B : J1サッカー並みの感動の花火を提供したい! 3,000円×観客数20,000人=6,000万円
C : 映画並みの感動の花火を提供したい! 1,500円×観客数20,000人=3,000万円
D : 美術館並みの感動の花火を提供したい! 1,000円×観客数20,000人=2,000万円
E : ハンバーガーとポテト並みの感動の花火を提供したい! 500円×観客数20,000人=1,000万円
F : 自販機コーヒー並みの感動の花火を提供したい! 120円×観客数20,000人=240万円


実際の多くの花火大会のご予算は、、、(コメントry


こうやって見方(考え方)を変えてみると、、、
『花火ってとてもローコストで、しかも効果は絶大や!』
とお気づきになりますよね。
そして花火大会にお金を掛けることは決して無駄ではないですねー
もっともっと予算(数量ではなく花火屋の技術)を突っ込んでも大丈夫ですねー



DSC_8915.JPG


もしお客さんから映画見るくらいのお金をいただけるなら春も秋も冬も花火大会できます。










 
posted by Z隊長 at 09:15| 大分 ☁| Comment(0) | 現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月03日

このブログもとうとう、、、


2010年2月3日にこのブログに開設しました。

なんと9年が経過したのです。。。

小学校の頃は絵日記なんか1日で挫折してたし、
読書感想文なんかあらすじやあとがきを書き写して、
さらに卒業論文なんかいまだに提出してません。(俺は卒業できてるのか?)


こんな私が9年間で595回も連載を続けてきました。。。
もしかしたら業界でもトップクラスの情報量かもしれません。
情報と言えば、、、
開設当時の2010年、花火の内容をオープンにする事がタブーのような雰囲気を感じていました。
しかしそれは、逆に我々の発信する情報量の少なさが“花火への誤解”を発生させる要因だと思いました。
少しづつ手探りで情報を出してきました、わかりにくい文章だったかもしれません。
これが良いことだったのかわかりませんが、インターネット時代としての情報公開ツールなのです。
結果、花火を理解してくれる皆様に支えられトラブルもなく9年が経過しました。
同業者からも『ブログ見てますよ』なコメントもいただけてます。。。感謝


思い起こせば2010年のブログ開設の2ヵ月後に宮崎で災害が起きました。
翌年には東北地方
そして熊本大分地震、瀬戸内水害、北海道地震 、、、

我々は、災害と共に歩み、耐え、そして災害地に花を咲かせてまいりました。
そして、日本各地の花火屋が日本の経済を大きく支えてきた!と言っても過言ではないでしょう。

これからもそのように地域と共に歩んでいく事でしょう。








posted by Z隊長 at 13:03| 大分 | Comment(0) | 現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする