2019年09月02日

令和の夏 戦闘記録 その8


花火の規模の大きい小さいってのは嫌いな表現の一つである。
情報誌やサイトでは“いわゆる打ち上げ数量”の多さが強調されているように感じる。

はっきり申し上げますが、、、
打ち上げ数量の多さが花火大会の規模表すを数字ではないし、数量の数え方なんか基準はないのです。
そして数量が少なくてもいい花火はたくさんあると思います。(その逆もあると聞いてます)
何よりも花火大会の主催者や花火屋の想いはとても大きいのです。
だから、私は花火の打ち上げ数量の表記には疑問を持っているのです。。。

何はともあれ、初現場。。。
水面下で様々な調整をし多くは主催者さんが難題をクリアしてきた。
そして、台風がやってくる直前の花火大会となった。
静岡本隊の皆さんとはこの日が『はじめまして〜』だった。

同じ目的、同じ志を持った人たちなので初現場初見でも難なく作業は進む。
DSC_3015.JPG


スイカの名産地なのでスイカの差し入れをいただく。
DSC_3000.JPG


そして空は焼けていた
DSC_3023.JPG


主催者や発起人の大きな想いが花火になった瞬間だった。
oguni2019ikebunnikusimakorabo.jpg


DSC_3027.JPG


花火が終わって撤収作業をしていたら、主催者から電話がきた。
『会場で、お年寄りが涙を流して喜んでました。。。』と。

その時、花火って数じゃない!この花火は何万発の花火よりも素晴らしい花火だった。と思った。
そして、花火屋ってめちゃくちゃいい仕事してるなあ、と感じたのであった。。。

そして静岡本隊と再会を約束しこの地を後にした。。。
kawadusyuzouhp.png

https://kawazu-syuzou.com/

で、翌日は台風でしたっけ?
その次の日も台風でしたっけ?

その次の日は盆なので踊ってた。
DSC_3036.JPG


その次の日は飛行機を見に行って海で焼き鳥を食べてた。
DSC_3042.JPG


先日、関東人から『豚バラは焼き鳥ではない!』と言われ危うく殴りあいの喧嘩になるとこだった。
豚バラって焼き鳥ですよね?
DSC_3063.JPG


その翌日も海にいた。
DSC_3084.JPG


その翌日はカブトムシ採りにいってたっけ?
DSC_3100.JPG



つづく





posted by Z隊長 at 21:33| 大分 ☁| Comment(0) | 現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。