2016年06月14日

コンピュータで花火を上げる???


『コンピュータで花火を上げます』
と言うと、なんか凄い響きですが、、、


厳密に言えば、コンピュータでプログラミングされたシーケンスをデジタル点火機にダウンロードさせて、
そのデジタル点火機のシグナルで点火、発射しているのです。
現場ではパソコン画面で点火プログラムをモニターとして使う事もあるので
コンピュータで上げているように見えるのです。
まぁ、どっちでもいいです(笑)


このような高性能の“いわゆるコンピュータ点火機”はかなりの性能を発揮できます。
人間の目には識別できないようなスピーディーな点火もできます(笑)
この“いわゆるコンピュータ点火機”を使えば凄い良い花火大会になるわけではありません。


必要なのは安全性です。
迫力と危険は紙一重です。

必要なのは花火玉個体です。
やはりいい玉を使わなければいけません(汗)

必要なのはセンスです。
最終的にはプログラマーのセンスが“いわゆるコンピュータ点火機”にDLされるのです。


つまり、“いわゆるコンピュータ点火機”の性能を発揮させる為には様々な材料(技術や知識)が必要なのです。

そして、このような、“いわゆるコンピュータ点火機”に頼ってしまうと、個性がなくなり、模倣しやすくされやすく、感性が退化しやすくなる欠点もあるかもしれません。



記事と動画の関連性はありません。



40日掛けて作った尺玉1発が筒から発射され開花して消えるまで10秒ちょい。つくみ尺玉100発入りまーす!

tukumi2016.jpg









posted by Z隊長 at 21:15| 大分 ☀| Comment(0) | 現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。