2021年02月18日

花火は夏の行事なのか?


答えは

NO



理由は
別に夏に花火をしなければならない理由はありません。
たぶん近年そのような(夏=花火)イメージが浸透しすぎたのではないかと推測します。
夏じゃなくてもいいのです、いつでもいいのです。


日本の花火屋の多くは山の中にあります
1年中自然の景色を見て、感性を磨いております。
つまり、日本の花火屋は四季の夜空に合った演出ができるのです。
春用、秋用、冬用の演出やオリジナル玉があるのです。
しかし、夏以外の需要がないのでお見せできないのです。残念です。


さて、現実のご意見は、

夏に花火せんでいつするんか?
花火っち昔から夏ちきまっちょるんや!
暑いけん花火するんで!
夏じゃねーのに花火やったら世間の笑いもんや!
みんな汗かいて花火見るのを楽しみにしちょるんや!
みんな夏がいいっち言いよる!
あんたたち、夏しか仕事せんのやろ?
花火屋は暑さに強いはずじゃ!
と、多くのアドバイスや励ましの御言葉をいただきます。。。。。。。。。。


しかし、お客さんの意見は真逆のような気がします。。。
そして、実はさまざまなメリットがありそうです。
夏vsその他の季節.png



日本の花火業者の1年間の売り上げは前年通期比80〜90%ダウンで1年間をなんとか生き延びてきました、
日本の花火技術や花火師を救済する為にも、夏の1シーズンから分散させる方向で世の中が変わってほしいと思います。
2021年に変わらなければ次の機会はないのかもしれません。


なお、この記事の内容は夏を否定しているのではなく、日本の花火を守っていただいている主催者様に有益な情報として発信しています。






posted by Z隊長 at 10:32| 大分 ☁| Comment(0) | 現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする