2020年03月20日

税金返還論(花火編)


2020年春、国内だけでなく世界中が混乱しています。

こんな時は大仏を建立し祈るのも必要なのかもしれません。。。

何はともあれ、経済が急降下しているので対策をしなければなりません。
国や県、市町村のバックアップが必要なのです。


お金還すのでこんな考え方はいかがでしょうか?



【返還論】
公金で1,000万円くらいのイベントを開催するとします、
たぶん開催地には飲食や交通や宿泊等で1日で軽く1億円くらいの現金が落ちます、
※3万人×3,000円くらいで計算
つまりイベントをしたことで1億円の総売上で1,000万円の消費税を納税できます、
つまり一晩で返還できる金ができあがります!

さらに、イベントを開催した事により知名度アップや観光リピーターが増加します、
イベントは広告としても活用できます。

なんと、老若男女や外国人も楽しめるのです。
箱モノがいらないから事後のランニングコストも必要ないのです。

何よりも市場とモチベーションがアップするのです。
これこそ住民(国民)サービスではないでしょうか?

仮にこれを全国100箇所で開催すると、1,000万円×100会場で10億円ですが、
その10億円もすぐに還せる計算です。

こんなに公金を生かすイベントがいったい何か教えましょうか?


※本文と動画はあまり関連性はありません。牛久大仏と花火の動画です。。。





posted by Z隊長 at 09:25| 大分 ☁| Comment(0) | 現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする