2019年02月17日

花火大会の値段をこんな見かたをしてみる(目からうろこ)

花火大会のクライアントさんと話をした。

クライアントさんから
『うちの花火大会はどれくらい数量を打つのがいいやろうか?』
『うちの花火大会の予算はどれくらいがいいやろうか?』と質問を受けた。

多くのクライアントさんは他の花火大会の事を知らないようです
なので雑誌やネットで花火大会の打上数や観客動員数の“数字”を見るだけのようです。
私はよく言います『打上数なんか花火大会の規模を表す数字じゃないし、数え方の基準は無いんです、そして観客動員数?これもどうやって数えてるんだか、、、これも花火大会の何を言いたいのかわからない数字ですね』と。
そして、『貴地区の花火の数量を増やすのは簡単です、しかしお互いにいい結果とはなりにくいですよwww』と答えています。


『重要なのは予算をどうするか?の話ですね。。。』
お金の話は聞きたくないクライアントさんも多いかと思いますが
お金は甲乙の信頼関係を構築し、スムーズな技術取引きを成立させる為のツールなのです。


(注意)ここからの話は考え方の例え話です、計算公式ではありません。
会場設営費や安全対策費や弁当代等は含まれておりません。
あくまでも“こんな考え方もあるんです”的なお話デス。

【どれくらいの感動を与えるか?的な考え方】
例えば観客動員数20,000人とする。
A : アーチストライブ並みの感動の花火を提供したい! 6,000円×観客数20,000人=1億2,000万円
B : J1サッカー並みの感動の花火を提供したい! 3,000円×観客数20,000人=6,000万円
C : 映画並みの感動の花火を提供したい! 1,500円×観客数20,000人=3,000万円
D : 美術館並みの感動の花火を提供したい! 1,000円×観客数20,000人=2,000万円
E : ハンバーガーとポテト並みの感動の花火を提供したい! 500円×観客数20,000人=1,000万円
F : 自販機コーヒー並みの感動の花火を提供したい! 120円×観客数20,000人=240万円


実際の多くの花火大会のご予算は、、、(コメントry


こうやって見方(考え方)を変えてみると、、、
『花火ってとてもローコストで、しかも効果は絶大や!』
とお気づきになりますよね。
そして花火大会にお金を掛けることは決して無駄ではないですねー
もっともっと予算(数量ではなく花火屋の技術)を突っ込んでも大丈夫ですねー



DSC_8915.JPG


もしお客さんから映画見るくらいのお金をいただけるなら春も秋も冬も花火大会できます。










 
posted by Z隊長 at 09:15| 大分 ☁| Comment(0) | 現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。