2016年08月29日

平成28年 夏場所戦記 その4


全国の花火屋の疲労がピークに達するナナマツ
この疲れのピークはこれから一ヶ月間続くのである。
でも、疲れは見せれないのである。。。

夏最盛期に突入・・・
DSC_0189~2.jpg


あくまでも元気な姿を演出しなければならないのです。
※動画は友軍MOF


さて、この週も大型現場が目白押しでした。
おんせん県別府 別府名物黄金孔雀やダイアモンドアーチ等の演出
震災で物的被害により、観光客の激減による風評被害からの復活!

観光客誘致、地域経済の活性、そして何よりも“風評被害からの脱却”
いろんな策はあるかもしれませんが、即効性、費用対効果、ランニングコスト等
総合的に見ても花火大会が非常に有効なカンフル剤となりうるのです。

人、モノ、金、そして外国人を含む老若男女の心を動かすイベントが他にあるでしょうか?


さて、現場の鉄板台船の上の気温は推定40℃、いやそれ以上であろう。。。
DSC_0273.JPG


DSC_0276.JPG


そして、別府湾に復興の火の鳥“黄金孔雀”が舞い降りたのです。


別に達成感などない。一日一日を確実に終わらせて行く事だけである。


筒洗い戦隊アラウンジャーも一日一日を確実に終わらせて行く事だけである。
DSC_0290.JPG





posted by Z隊長 at 16:29| 大分 ☀| Comment(0) | 現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする