2016年07月10日

花火大会の準備 そのまた続き


このように順調にいけば理想ですが、、、


【修正・調整】
花火大会の運営費の多くは、協賛金、募金で賄われています。
つまり、目標金額は流動的なのです。
だから、完成したプログラムを修正(増減)調整もあるのです。
現代はコンピュータ管理なので1発の増減がそのプログラムの全てが変更になる場合もあるのです。
慎重にクライアントと打合せをし、プログラムの作成をしなければならないのです。


※これ以上説明してもわからんと思うのであと省略w


【現場準備】
さて、土曜日が花火大会ならいつから準備する?
多くの人は、『花火の打ち上げは夜やから、夕方に現場に来てる』
と思っているようです。
思いっきり大間違いです。
答えは、積み込み準備は火曜日くらい?現場は早朝です。それでも余裕はありません。

なぜか?
多くの花火大会はなぜか天候不安定な夏に集中します。
そして、週末に開催します。
日本では夏の週末に毎週1,000件以上開催しているようです。
弊社でも毎週2tトラック10〜20台分以上は請け負っており、そのトラックに積み込むだけで精一杯なのです。
週末が雨と判っていてもこの作業は停止できないのです。
ちなに、中止が決定すれば今までの2ヶ月間の努力の全てが、人の目に触れる事はなくなるのです。。。


まぁ、3回にかけていろいろ書きましたが、
花火屋(師)って、現場でもそうだけど、人の目に触れることの無い作業がメインであり、
花火を上げているのは、ほんの数%(時間的換算)の作業なのです。

皆さんが見ている花火屋の姿は、氷山の一角とも言えるでしょう。









posted by Z隊長 at 09:49| 大分 🌁| Comment(1) | 現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。