2016年05月01日

花火は不謹慎か?


どうも、地震がおさまらない九州大分県です。
日本中のご支援ありがとうございます。熊本県へのサポートよろしくお願い申し上げます。

さて、さて
『花火なんて不謹慎だ!』との声が聞こえてきました。
これはとてもありがたいことです、このようにご批判いただければ我々も筋を通せるお話ができるチャンスなのです。

花火って近年は“イベント産業”ってカテゴリーに組み込まれています、が、
実は我々は数百年前から“祭り(祀り)産業”なのです。これが本流かと思います。
そもそも花火って、昔は災害や不幸や死の時に打ち揚げていました。
江戸時代には飢饉が起きると花火を打ち上げ、神様や仏様に奉納して災害が起こらないように願っていました。
昭和の時代には大東亜戦争後に亡くなった方を弔い、復興の旗印として日本中で花火大会が催されました。
こんな、日本独特の花火の歴史だがあります、海外の花火とは意味目的が違うのです。

残念ながら、花火に災難除けや厄除けの意味があることを戦後生まれの日本人の多くがそれを知らない。
花火の形が“菊の花”と言う事も知らない方がほとんどです。

そして、現代、我々は先人達の想いを引き継ぎながら、その花火はメッセージ性を強く持ち、地域経済の発展に大きく関与しています。

だから我々は日本文化を守り、皆様が上を向き前進していく風景を作って行くのです。
それが、あたりまえの日本の風景なのです。


日本の花火の歴史を知れば不謹慎とは言えないはずですね。。。




大分県別府市城島高原パーク
kizimaGW2016.png



大分県日出町ハーモニーランド
HLGW2016.png



大分県九重町筋湯温泉
suziyu2016.jpg



大分県日出町
城下花火2016.png



大分県姫島村
ひめしま.png



大分県日田市
hita2016.png


日本一のおんせん県からの情報
onnsennkenn.png














posted by Z隊長 at 21:16| 大分 ☀| Comment(0) | 現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。