2015年10月06日

音楽花火とは


近年、花火の演出で、音楽花火、ミュージックスターマイン、メロディー花火、シンクロhanabi、カラオケスターマイン(Z隊長の得意技)等、と呼ばれる演出が増えてきています。
“増えてきています”とは言っても大分県でも25年位前から行っていますし、全国的に見てもそんな、最近開発された新しい演出ではありません、けっこう歴史があるのです。
ただ、近年、デジタル点火システムの普及で多くの業者がこれを演出しやすくなっているのです。

演出しやすくなったといえ、そのプログラミングには膨大な時間がかかり、またこのシステム機材の導入には軽く100マソ円以上はかかります。
さらにこの機材を使いこなすには花火の現象や燃焼時間を基本的知識として、それを最大限に表現する感性が必要だと思います。。。

そして、演出するにしてもクライアントから提示されたご予算という大きな壁もございます。。。
※ある有名な花火大会では1分間に100マソ円分の打ち上げが最低ライン!とも聞いています。


さてさて、では、何をもって“音楽花火”というのか???


ええええっと



ええええっと



えっと、基準はありません!



つまり、音楽花火ってカテゴリーの内容は自由なのです。
1/100秒単位で音楽に合わせてバシバシ決めるのは、“もちろん音楽花火”ですが
会場のスピーカーで音楽がかかっていてただ花火が上がっていても“いわゆる音楽花火”のようです。


まぁ、結局はお客様が満足すればいいのです。


音楽花火に関しては、
効果的に演出する為にロケーションが重要なポイントになります。
複数個所からの打ち上げにより通常の花火より短時間に大量の玉を打ち上げるケースが多いです。
演出の構成には音のプロの意見も必要です。
いい面ばかりと思いますが、、、花火の三要素である“音”が音楽で消されてしまうのです。。
まぁ音楽花火も良し悪しあります。
音楽花火を採用するには、その基礎知識(情報)が必要かと思いますね。



さて、その、バシバシ決める音楽花火が九州熊本で皆様をお待ちしてます!

きなっせ、きなっせ!
yatusiro2015bana-.png







夜は寒いからね!








posted by Z隊長 at 19:58| 大分 ☀| Comment(1) | 現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。