2015年05月25日

ギャップ


花火においてギャップが生じている?生じていた?
近年特にそれを感じている。


それは、、、
お客さんが求める花火と、我々と主催者が提供する花火にギャップが生じているケースがあるのでは?
それは何か?

つまり、はっきり言わせて貰えば


数量である。

今や、情報誌等での、何千発!何万発!って凄い数字が当たり前のように記載され我々にプレッシャーを与えております。
実際の打ち上げ数量と違う数字が雑誌に取り上げられ困惑してしまう事もあります。。。
何よりも、数量の多さが花火の凄さのような錯覚を起こさせているのです。
とても怖いですね。。。。

多くのお客様には“数量”など関係ありません。
数量よりも、思い出になるような花火を見たいのですよね。


近年
ほとんどのクライアント様から
『納品する数量は少なくなったけど、内容が良くなった!なんで???』
と、評価をいただいております。
これは、演出プログラムを作る際に、様々な事(企業秘密)を考えているのです。
そして、それを実行しているのです。


つまり、たくさん打てばよい花火って考え方を否定したやりかたです。
さらに、長い時間打ち揚げたほうがいいって考え方も改良しているのです。
そして、同金額での比較で“数が多い方がいい花火”という考え方を全面否定しているのです。

花火には、ご予算やレイアウト、そして主催者様のポリシーに合わせた
演出をしているのです。
我々は、花火のプロだけではなく、演出もプロフェッショナルだと思います。


だから、数量ばかりに拘るのは演出がおろそかになる可能性が大きいと思います。
花火の良さは電卓ではわかりません。


数量なんかどーでもいいのです。


安全第一、演出第二


※本文と動画は関係ありません。



DSC_1124.JPG





posted by Z隊長 at 21:12| 大分 ☀| Comment(0) | 現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。