2015年03月22日

かわいそうな人

花火大会を開催するには、原則許可申請が必要になる。
許可を出すのは、許認可機関である。

もう10年くらい前か。。。
とある県の許認可担当者だが、
とにかく、なんかしら理由をつけて『許可を出さない!』の一点張り(笑)

なんで、こんな事になってしまったのかを冷静に考えた。


@許認可機関の人が無駄な知識がありすぎる。
  昭和30年代の火薬類取締法を熟読していた。それが産業火薬の項目。
  本に書いている事が正しいと思い込んで、現場の話は聞かない。
  数字しか信用しない。

A許認可機関の人が花火の事、現場の事を全く知らない。
  知らない、解らないなら、聞いてくださいよね。
  勘違いや、思い込み情報で、人に大きな迷惑をかけますね。
   
B現場(プロ)の話、相談は聞かない。
  解釈が偏って、“花火廃止ありき”だった。
  あえてを何度も逃げ道を与えるんですが、そのコミュニケーションができない。
  たぶん、プライドが高く、引くに引けない状況だったんでしょうね。

C県と民間の立ち位置を勘違いしている。
  残念ながら、そのような人に見えました。
  こんなんじゃ甲、乙の信頼関係は崩れていきますね。
  
  


この彼の主観的基準おかげで、消費現場が物理的に非常に危険な状況で花火大会をさせられたのは事実である。こんな状況下ではまともな花火大会ができるわけもないし、我々も気持ちよく仕事ができるわけがない。
でも、私もプロである、そんな状況でもほぼ完璧に花火大会を終わらせました。
このように、立ち場を勘違いして、上から目線で、主観的に物事を押し付けるのはやめてほしい。。。現場(プロフェッショナル)の意見(アドバイス)を聞いて欲しいものだ。


今の時代、このような人は居ないでしょう(笑)
っつーか、本人が読んでも、自分の事とは気が付かないだろうね。


封建的上下関係は人間関係を壊し、現場で安全な作業ができなくなりますね。

行政と民間がお互いの長所を生かして花火大会を開催すればいいのです。

おわり

posted by Z隊長 at 12:32| 大分 ☀| Comment(0) | 現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。