2014年09月05日

今後の花火大会開催時期について


九州での花火大会も少しずつ、夏から、秋、冬、春へ移行してきています。
それも大型花火大会が夏以外で開催されるケースが増えてきています。

それはそうでしょう。。。

理由は簡単です。
@花火屋の従事者や資材や準備時間に余裕がある
Aイベント関連会社も人材や資材や準備時間に余裕がある。
B主催者の会場設営作業もしやすくなる。
C警備員も確保しやすくなる。
D仮設機材(トイレ等)を手配しやすくなる。
E暑くなくお客さんが行動しやすくなる。
F花火大会の開催バッティングがなくなり集客が増える。
G天候が安定している。
H屋台での食中毒の危険性が低くなる。
I熱中症の危険性が低くなる。
Jその他
と、主催者にも、お客さんにも、花火屋にもたくさんのメリットがあります。

では、逆に夏以外で開催した場合のデメリットは
デメリットは、
デメリットは、
デメリットは、
???何かありますかね?


我々花火屋は、ここ数年の異常な気象を体で感じております。
“暑さ”が“熱さ”になってきています。
このようなゲリラ豪雨は10年前にはありませんでした。
明らかに気候が変わっている。と思われます。

来年の夏はどんな気候なのでしょうか。

花火は夏のモノって訳ではありません。





oitago-do-hotokonn.png


posted by Z隊長 at 14:57| 大分 ☁| Comment(0) | 現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。