2014年05月07日

花火に関するよくあるお話


みなさんにとっては、花火って謎の世界だと思います。

インターネットの時代になってようやく私のようなブロガーが花火の世界を少しだけオープンにするようになって、少しずつ誤解が解けているかもしれません。
しかし、ネットの世界にはまだまだ間違った情報がありそうな気がします(笑)
あなたがもし花火の情報を知りたいのであれば、そのような情報の中から正しい情報を精査しなければなりません。


さて、よくある話(Aさんから聞いた話)
※花火大会をしようと考えているAさん 花火に詳しい(?)Bさんの会話

Aさん『あ〜ん、Bさんよい、今年、地区で花火大会をちょっとやろうと思っちょるんやけどいくらくらいやろう?』

Bさん『Aさん、花火っち高けーんで!花火なんか辞めちょきよ!』

Aさん『やっぱ高けーんやろうなぁ、1発いくらくらいすんのやろう?』

Bさん『あんなぁ、安しいのでん1発何万円もするっち聞いたで!』

Aさん『ほんなら、1,000発揚げたら何千万円もするんかえ?』

Bさん『ほうじゃちゃ、○○市の花火なんか何億円も掛かっちょるち言いよったで!』


こんな、会話があったらしく、その後、縁あって私に相談が来ました。。。

Aさんから以上の経緯を聞いて、
まずは
@ 花火が可能な場所かチェック(保安距離等を計測)
A 会場全体のレイアウトをアドバイス
B 当日までの事務的スケジュール等をアドバイス(許可申請or無許可)
C 催しの趣旨を聞き
D ご予算を確認
全てを総合的に判断させていただき、
私『ここやったら、XXX発くらい出来そうです。』

Aさん『えっそげー上がるんかえ?ホントかえ?線香花火やねーやろうな?』

で、Aさんは不安のまま、その年に花火は上がったのでした。
そしてその花火は今も続いているのです。


【まとめ】
花火は、一概に“1発何万円”って情報は間違いです。
予算が億単位の花火大会は九州には存在しません。
無許可で打ち揚げる事も可能です。※届出書は必要。
線香花火を侮ってはいけません。国産の線香花火はスゴイんです。
花火は夏のモノではありません。
花火屋は夏が終わっても閉店しません。


suziyuposuta-.jpg







posted by Z隊長 at 21:21| 大分 | Comment(0) | 現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする