2014年02月27日

情報伝達の弊害

世の中は情報があふれています。

欲しい情報はネットで検索したり、誰かに携帯ですぐに確認したり・・・・
昔と比べると情報量は多いし、伝達スピードが速いですね。
ソースを確認せずに一瞬でリツイートしたりシェアしたり・・・
これって怖いですね。



情報には

@ 正しい情報
  これはいわゆる客観的情報です。
  しかし、円錐型を情報として伝達するとき、3種類の情報があります。
三角錐.png

  三角、丸、水滴型 それぞれ正しいのです。情報請求者が欲しい情報を選べばよいだけの事です。



A 勘違い情報
  憶測で情報が出回ることがよくありますね。
  いわゆる、げなげな話ですね。ほとんど笑い話で終わります。



B 途中で話が大きくなった情報
  話しの内容が伝言板ゲームのようになったりしますね。
  Aが起因する情報であれば大変な事になりますね。



C 意図的に作られた偽情報
  困ったもんですね。。。
  




人は、近年の情報化社会の中で、情報を精査する能力が失われているように感じます。

果たして、あなたが持っている情報は、勘違いから生まれた情報ではないですか?
人から人へと伝言板ゲームで伝わってきた話じゃないですか?
もしくはあなたの思い込み≠カゃないですか?
ソースはありますか???確認しましたか?
事実ですか?偽情報じゃないですか?


多くの人がこの記事を見て『俺の事?』『私の事?』と思ってるはずです(笑)。



パンチパンチ無料広告パンチ

別府温泉fes100.png







posted by Z隊長 at 19:56| 大分 ☁| Comment(0) | 現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする