2013年04月15日

花火の値段


先日、現場の付近で、見知らぬ2人(甲と乙)が花火について会話をしていたので
気になって心配になって聞き耳を立てていた。。。


甲:あ〜ん、あんた、花火ん値段知っちょんかえ?

乙:いいや、知らんけど花火っちゃ高けーんやろうなぁ

甲:あんなぁ 花火っち1発何万円もするけんなぁ〜

解説1:花火玉はサイズによって値段が違います。万円単位の玉も存在しますが、一概に『1発何万円もするけんなぁ〜』の甲の台詞は大間違いです!

乙:へー1発何万円もするんなら、大分川の花火大会は何ぼするんやろう?

甲:あんなぁ、あれは、何億円もするんで!

解説2:解説1での説明の通り、甲が思い込んでる金額が間違いなのでこの会話は全く事実ではありません。
大分川では7種類のサイズの玉を使っています。一番大きいサイズで、やっと1発単価が1万円くらいです。それも全消費数量の数%の量です。つまり完全に間違った情報です。


乙:ほんなら、そん何億円は大分市が払いよるんかえ?

甲:そうじゃちゃ大分市が皆払いよるんと!

解説3:まるでゴシップ記事ですねwww でも、行政が花火大会を観光資源≠ニして活用することは正しいことです。そして、花火は経済効率が非常に高く、具体的数字を見せたら、行政の方は花火大会を使わずにはいられなでしょう。
話は、もどります。花火大会の運営資金のほとんどはは主催者様、スポンサーさんの浄財や募金等で成り立っています。



※この会話を聞いていて、私は甲と乙に突っ込みを入れたかったのですが『ペンは剣よりも強し』との事で、この場で解説することとなりました(笑)   


まとめ
私がこのブログを始めたきっかけこそ、まさに花火に関するデマが多すぎる≠ゥらです。
知らない業種、業界人口の少ない業種、そして情報が少ない業種に対して、
憶測や噂で情報を流しているように感じます。
そしてお金に関する内容はびっくりするほど膨れ上がっています。
『花火って、もっと身近な存在なのですよ』
『地域にとって、びっくりするほど経済効果があるのですよ』
『花火師って一般人ですよw』

ooita2012sennrinn.jpg

大分川2012 撮影:たろすけ大分さん

ステッカー.jpg







posted by Z隊長 at 22:23| 大分 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする