2018年06月17日

花火の価格競争


もう入札時期が終わったと思うのでこのような記事を書いてみます。


花火業者選択の方法で入札方式があるようです。

よくあるのが金額ベースで数量競争させ、結果的に数量を多く書いた業者が落札する?ですか?

はいはい、
この入札はいかがなものかと思います。

【総数量で比較】
総数量で比較するなら小さめの玉や安い玉を出せば落札できそうだ!
数量重視では品質や安全性は急落するかもしれません。
あまり得策ではないですね。


【単価で比較】
同じサイズの玉を複数社で比較は無理です。絶対無理です。
各社同じ3号玉でも、色、大きさ(開き)、形、音が違うのです。
競争入札になると“いわゆるいい玉”は出にくくなりますよな。
あまり得策ではないですね。


【企画で比較】
プレゼンテーションですか?
同業者との話で『プレゼンで企画だけ盗られた』な話を聞きます。
なので、よほどの受注可能性がなければ事前にアイデアは出さないと思います。
多くの花火屋さんは、当日に驚かせたいのでネタ晴らししたくないのです。
あまり得策ではないですね。


この3つでもう入札制度が機能しないことはおわかりいただいたと思います。
花火は電化製品にようにスペックや品質の基準がありません。
ましてや、安全性や品質などを表現する術はないのです。
だから比較するのは無理なのです。


そして、価格競争は日本の花火技術の衰退と
日本の粋な夜空を崩壊させるトリガーとなっているのです。
花火の適正価格をネットで調べてみるといいかもしれませんね。
花火の価格ありました⇒ http://hanabizuiki.seesaa.net/article/415647982.html



『じゃあ、どうすればいいんだ?』って?

花火屋と信頼関係を結べばいいんです。

お客さんは数量なんかより綺麗な花火を求めているのです。



※本文と以下の画像や動画は全く関係はございません。

もうすぐ夏場所始まります。
DSC_1358.JPG

















花火を言葉や数字で表すのは不可能なのです。
posted by Z隊長 at 13:29| 大分 ☀| Comment(0) | 現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月09日

夏じゃなくても


とうとう花火にとって非常に良い季節が終わりました。。。

えっ『花火の季節は夏やろ!これからやろ!何言ってんの?』と聞こえてきます。
でも、なぜ夏に花火大会を開催するのかわからないし、夏じゃない方がいいと思うので問題提起しています。


この記事は、夏の花火大会を否定しているのではなく、
クライアントさんがよく言う『何か新しい企画はないか?』
の、一番効果のある方向のようだからです。


我々業界は戦後、高度成長期、各地で花火大会を創生してきました。
多くは夏の花火でした。
広告業界、出版業界、マスメディアも、アーチスト達も夏の花火を盛り上げてくれました。


しかしその結果、夏は花火従事者の人手不足、睡眠不足
大事な筒が足りなくなり、玉も足りなくなります
さらに近年の電気点火(いわゆるコンピュータ1式100マソ円以上)も足りない状態です。
準備作業も10年前と比べて格段に時間と手間がかかるようになりました。


私はクライアントさんに
『もう夏の花火をやめましょうよ』とよく言います。

理由を言います。
1、夏は暑くて人が集まらない
2、夏の花火はどこでもやっているからインパクトがない
3、夏は天候不順で野外イベントにはリスクが高い
4、夏は警備員、花火屋の人不足
5、夏は運営側の準備が炎天下作業できつい
6、夏はお客さんや関係者の熱中症リスクが高すぎ
7、夏はおしゃれできない、汗で化粧が落ちる
8、その他

この8項目を逆説してみると
1、涼しい時期なら昼の観光から夜の花火へ繋げられる
2、7月8夏の花火大会(76発以上)は大分県でも50箇所以上はある、秋花火開催は他県の10%
3、秋、冬、春、初夏比較的気候は安定、
4、夏じゃなければ人材や機材や技術は余裕
5、春や秋や冬は作業しやすい
6、夏じゃなければそのリスクは低減
7、秋の花火は化粧崩れしないし、服も選べる。
8、時代(世の中のニーズ)が変わってきている

Dblo-TWUwAAF5Sm.jpg


hanabikisetu201701.png





昨年の夏が終わって各クライアントさんと話をしたら
『夏はキツイわ、あんたん言う通り、来年は秋か春に花火大会をしようか。。。』
な内容の相談を数件いただきました、、、、、が、
今は今年の夏の花火大会の打合せをしているクライアントさんがほとんどです。

しかーし、
昨年、夏から秋開催に移行したクライアントさんは
暑くなくてよかった!
夏よりお客さんが多かった!
ビールもそーとー売れたで!
評判よかったで!
夏じゃねーのに花火上げてんいいんやなあ
と、仰ってました。(笑)



2020年夏は様々な事案が地方でも考えられるのでそれに向けて夏から脱出計画をしましょう。


でもこんな歌を聴くと、
『やっぱ花火は夏か。。。』と思ってしまう。
リクエスト:仙台県宮城県小野建設工業様



花火は夏じゃなくてもいいのです、その方がメリットは大きい鴨














posted by Z隊長 at 12:20| 大分 🌁| Comment(0) | 現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月03日

花火大会中止になったら


過ごしやすいいい季節が過ぎ、梅雨が来て、
やがて野外イベントには強敵な夏がやってきます。。。

えっ?
『花火って夏にするものやろ!』って?
私は答えます
『花火を夏にするって言い出したは誰?なんで?ソースは?』と。

まぁ、それはさておき
夏は雨季です。近年は怖いくらいの雨や台風がやってきます。
野外イベントの中止がニュースにも取り上げられます。
結果、花火大会も中止になるケースも近年増えているように感じます。。。
夏の花火業界は過密スケジュールで延期等のフレキシブルな対応は難しいようです。結果中止。


さて、花火大会が中止になったら?
花火屋は玉を使ってないから被害ないやろ?


いえいえ、、、


Z花火大会の例
ご予算 ゲー
最大 7号玉(玉2,000 KGT類1,000 トラ類500)
シンクロ 1曲
トラック 3台 ワンボックス1台
現場作業者  12人

この花火大会の演出は2〜3ヶ月前に考えます。(以下、例)
保安距離、ロケーション、カラーリング、筒場の物理的状況、を総合的に演出に取り込みます。
音楽演出1曲ですが、2〜3日考えて、1週間修正を掛けていきます。
全体のご予算がアップしたり、オーダー演出があったりで数回作り直します。

プログラムが完成したら、そのデータをデジタル化して入力します。

そして、開催2週間前くらいに玉の出荷準備をします、導火線を加工します。
その玉をプログラム順に仕分けします。

2週間前、手伝いの花火師に声を掛け、その日に来てもらえるよう手配します。

1週間前くらいに、打ち上げ火薬の計量や発射用導火線の接続等の作業をします。
点火器にデーターをダウンロードして全ての回路をチェックします。

2日前くらいに、様々な準備をしながらトラック3台をチャーターして、機材を積み込みます。

そして、当日現場に出発します。


これのような作業をやって中止になる事があるのです。。。。。。



花火の準備って安全に打ち上げることを前提に準備をします。
中止の事を考えて準備してたら演出はできないのです。
そして中止で撤収しても解体作業があるのです。
導火線が雨に濡れた玉は廃棄、消耗品も廃棄、防炎紙も廃棄
電気導火線銅線が酸化してしまうし、撤収の時断線してしまうので廃棄
お持ち帰りのスターマインをバラしてもそれを1個1個チェックして照合するのです。
中止における撤収は、準備よりも手間も時間も掛かるのです。

仮に、延期となっても、延期までの期間や濡れた状態によっては一度蓋を開けてチェックします。
速火線や玉をチェックするのです。濡れたり湿気を帯びていたらなんらかの対策をするのです。
つまり花火大会の延期は準備作業を2回するようなものです。
さらに、翌週に延期って言われても夏の花火屋は翌週もスケジュールがパンパンじゃないかな?
結果無理な状況が考えられます。


花火大会で花火を打ち揚げる作業の7〜8割は前日には終わってるんじゃないかな?
当日の現場作業は2〜3割の作業量かも。。。
中止が発表されるタイミングの多くは7割くらいの準備を終えている場合が多いです。


えっ?その花火を別の花火大会で使えばいい?
いやいや、花火大会はその場所で使える玉のサイズが違うし許可条件がそれぞれ違うのです。
実際その玉は使える可能性はあまりないのです。
さらに演出はそのクライアントさん用のオリジナルなのでよそではマッチングしないのです。
そう簡単に使いまわしはできないのです。


これを、居酒屋さんでの宴会に例えると
大きな宴会のオーダーが来て、お客さんと料理の打合せをして、
食材を仕入れて、新しい器も買って、
秋田大仙市の某酒市場さんから旨い酒を仕入れたり、
沖縄の北谷ビールを特別なルートで手配したり、
知り合いの板さんにも来てもらって、仲居さんも雇って、
料理は完璧に盛り付けて、冷蔵庫に待機、
仲居さんはスタンバイおk

それが、何らかの理由でキャンセル。。。。
と同じような状況です。。。。



まあ、花火大会の中止や延期の理由は、
気象的な状態が大きな原因で、お客様が安全に、そして快適に花火を楽しめない状況が考えられる場合に決断します。
誰が悪い!なんでや!ってもんじゃないのです!


いろいろ考えてみると、夏の激戦期で気候不安定、そして気温や湿度が高く、蚊の多い時期より
秋、春、冬に移行したほうが何かといいんじゃないかな?
クライアントさんも、お客さんも、そして花火屋も。。。。。。。







posted by Z隊長 at 10:29| 大分 | Comment(0) | 現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする