2019年05月05日

沖縄放浪記 2019版その5(最終章)


花火を上げる。
言葉や想像では簡単な事だと思います。
しかし、みなさんが想像するより遥かに多種多彩な準備があるのです。

この記事で『俺達苦労してます』アピールをするつもりはありません。
しかし、花火の世界のブロガーとしては、次の世代の為にも現実を伝える事が責務だと勝手に思ってるだけです。。。


一つの花火大会を企画していくのに演出・構成を打合せ、何度も修正し
レギュラー玉以外にもオリジナルの玉を製造し、
打ち上げプログラムをデータ化、
現場用に玉等を加工し、プログラム毎に仕分けし、作業順番毎にパッキングし、
トラック等に機材を積み込み、輸送手配をし、運搬し、
(大規模現場では)数日前から現場準備に入り
天候や作業スキルに合わせて作業を進め、
累計数十名が数日間誰も見ていない現場で作業し、

やっと本番当日にお客さんの前に我々は姿を見せる(見られる)
そしてリハーサル無しで花火を打ち上げる。

花火が終われば撤収作業である。
お客さんがハケて、会場の電灯が消えても我々は撤収作業を行っている。
時には翌日も早朝から撤収作業をしている。
誰もいない堤防や河川でそれは行われている。。。。

機材を撤収し、清掃して、それからまだ作業が続く。

現場帰りの筒を下ろし、洗う
各種機材の点検やメンテと。。。


花火屋って、勇ましく華やかなイメージがある、と聞きますが、、、
実際は地味である。汚れてます。
花火とは皆さんから見えない作業こそが重要であり膨大な時間が掛かっているのです。。。。


そんな現実をわかっていただける人がいると嬉しいです。。。。

そして、日本の花火(火薬)は世界中の人を笑顔にしている事を。。。



DSC_0617.JPG





I'll Be Back

DSC_0658.JPG




















posted by Z隊長 at 16:45| 大分 ☁| Comment(0) | 現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月04日

沖縄放浪記 2019版その4


花火屋は花火大会が終われば酒飲んで次の日は昼まで寝てる?

は?


これが翌日の風景だ。

この画像を見て花火大会についてじっくり考えて
花火大会や花火屋を理解して欲しい。


DSC_0570.JPG


DSC_0576.JPG


DSC_0590.JPG


DSC_0586.JPG


DSC_0568.JPG


DSC_0567.JPG


DSC_0566.JPG


DSC_0565.JPG


DSC_0563.JPG


DSC_0561.JPG


そして、やっと現場作業が終わった。
※現場撤収はこれまでだが、輸送、仕分け、メンテ、筒洗いも残っている。
DSC_0591.JPG



琉球海炎祭日本選抜宜野湾キャンプはこれでオタワ終わった。
そして今年の夏を乗り切って、来年またここでの再会を誓い合ったのであった。
posted by Z隊長 at 14:14| 大分 ☁| Comment(0) | 現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

沖縄放浪記 2019版その3


花火屋の朝は早い(夜は遅い)

本番当日
この日の為に数ヶ月の準備やこの数日の現場準備
とにかく我々義勇兵は任務を遂行していく。。。

そして昼飯
お昼はケータリングでのブラックカレー、肉は1人何枚まででしたっけ?
DSC_0497.JPG


午後から夏の日差しの下、作業は進む

ハアハア
DSC_0505.JPG


ハアハア
DSC_0506.JPG


ちょっと会場を散策すると、、、
各地から花火愛好家の方が沖縄に上陸されていました。
初めてお会いした方、久しぶりにお会いした方、お会いできなかった方、、、ありがとうございました。

『沖縄っていいでしょ!』


さて、現場作業は淡々と続く。。。

夕食はケータリングでのブラックカレー、肉は1人何枚まででしたっけ?
DSC_0510.JPG


そして花火イリュージョンは始まった。
撮影: moncha2000さん


OKINAWAの夜空を照らした日本の花火(火薬)
DSC_0524.JPG


別に達成感などない。。。

撤収があるからな。。。
DSC_0551.JPG


到底終わらないから、、、
また飲んでる。。。
DSC_0557.JPG




posted by Z隊長 at 13:19| 大分 ☀| Comment(0) | 現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする